Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

40代50代も要注意!原因がハッキリしている認知症 予防法を知り悪化を防ぐ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
なかまぁる

脳梗塞(こうそく)や脳出血などの脳血管障害が原因で起こる「血管性認知症」は、アルツハイマー型認知症に次いで患者数が多い認知症です。男性に多く、症状が出やすい年齢は60歳以上ですが、40代50代の働き盛りに発症することもあります。特効薬はなく完全に治すことはできませんが、原因がはっきりしているだけに予防が可能な認知症です。血管性認知症について、中村病院神経内科部長の北村伸医師に詳しく解説していただきました。 【画像】こんな症状があったら要注意!特徴や脳の様子を見る 血管性認知症についてお話ししてくれるのは…… 北村伸(きたむら・しん) 中村病院 神経内科・認知症疾患医療センター 神経内科部長 1976年日本医科大学医学部卒業。同大学付属第一病院内科を経て83年カナダモントリオール神経研究所に留学。99年日本医科大学武蔵小杉病院勤務、2010年内科教授。14年から特任教授として日本医科大学武蔵小杉病院認知症センター(川崎市認知症疾患医療センター)で認知症の診断治療を行う。19年4月より現職。専門領域は神経内科疾患と認知症。

【血管性認知症とは 特徴と原因】

血管性認知症は、脳に血液を送り込む血管に異常が現れ、脳の一部に血流がいきわたらなくなったり、血管が破れて出血を起こしたりしたために認知症の症状(後述)が現れます。 血管性認知症を起こすプロセスは、大きく2つに分けられます。 一つは「脳血管障害」(脳梗塞や脳出血といった、脳の血管に障害が出た場合の総称)のあとに起こるケースです。脳梗塞では、脳の血管に血栓(血液のかたまり)が詰まったり動脈硬化で血管の内側が狭くなったりすることで血流が途絶え、その先にある神経細胞が死滅します。脳出血では、血管が破れたところや周囲の神経細胞が死滅し、認知症が起こります。 発作後あまり時間を置かずに認知症の症状が出ることもありますし、数カ月経ってから出るというケースもあります。また、1回の脳血管障害で認知症になることもあれば、何回か脳血管障害を起こしたあとになることもあります。今は脳梗塞や脳出血の治療が進歩して、ある程度予防もできるようになってきたために、その後遺症で血管性認知症になる人は減ってきています。 中高年の ほとんどにできている「脳小血管病」 もう一つは、「脳小血管病」によるものです。脳梗塞や脳出血は、脳の太い血管の詰まりや出血であることが多いのですが、脳小血管病は細い血管に起こります。細い血管の場合、自覚症状がはっきりと現れないことが多く、気づかないうちに神経細胞の死滅が広がってしまうことが少なくありません。 脳小血管病は加齢と関連があり、中高年になればほとんどの人にできていると考えられています。ただちに認知症につながるわけではありませんが、高齢になるほど脳小血管病による血管性認知症のリスクは高まります。 なお脳血管障害は「心臓の病気を持っている人や動脈硬化になりやすい人」に多いことがわかっているため、糖尿病や高血圧、脂質異常症、喫煙習慣がある人は注意が必要です。 また、頭をぶつけるなど外傷が原因で認知症のような症状がある場合は、脳と脳を守っている膜の間に血液が溜まって脳を圧迫する『慢性硬膜下血腫』が考えられます。チューブを入れて血液を抜く治療を行うと症状が改善されることが多いため、「治る認知症」とも言われています。

【関連記事】