Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

羽生結弦・観る者の心をつかんで離さない引力が、そこにある〈氷上に舞う!・10〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
婦人公論.jp

フィギュアスケート男子の魅力を伝える、『婦人公論』の人気連載「氷上に舞う」。2019-20シーズン開始から、注目スケーターたちの素顔を、カメラマン・田中宣明さんの写真と文とともに紹介してきました。現在発売中の『婦人公論』5月12日号で最終回を迎えた本連載を、特別にウェブで公開! 10日目は最終回「羽生結弦選手」です。(撮影・文=田中宣明) 【ほかの写真】笑顔のショットも! ※本記事は、『婦人公論』2020年5月12日号に掲載された記事の一部を再構成したものです * * * * * * * ◆観る者の心をつかんで離さない引力 2020年3月に行われる予定だった世界選手権が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止された。突然の閉幕となってしまった2019-20シーズンは、それでも僕にとって印象に残る一年だった。 2月にソウルで四大陸選手権が開催され、同大会初優勝を果たした羽生結弦選手。それにより、彼は男子フィギュアスケーターで初めて、ジュニア、シニアを通して主要国際大会を制覇する「スーパースラム」を達成したのだ。 僕が羽生選手を初めて見たのは、05年の全日本ノービス選手権だ。 知り合いのカメラマンから、当時の世界王者エフゲニー・プルシェンコをもじって「ゆづシェンコ」と呼ばれる選手がいると聞き、会場に着いて真っ先に彼の姿を探した。 当時10歳の彼は、その世界王者を彷彿させる美しいビールマンスピンを披露していた。髪形もプルシェンコそっくりに真似した、一見かわいらしい少年。しかし演技は柔軟性とキレのあるスケーティングが印象的で、今も深く記憶に残っている。 羽生選手は、僕のカメラマン人生を大きく変えてくれたと言っても過言ではない。今まで数えきれないほどの写真を撮ってきた。それは彼が、子どものころから常にフィギュアスケート界のトップを走り、かつこちらの想像をはるかに超える活躍をしてきたからだ。

羽生選手の魅力は、なんといっても感情表現が豊かなところだろう。彼のスケート人生や勝利への強いこだわりからにじみ出る演技中の表情が、不思議と僕の感情と共鳴する。観る者の心をつかんで離さない引力が、そこにあるのだと思う。僕は常に、まだ見ぬ表情を探しながらシャッターを切ってきた。 そんな羽生選手も25歳になった。五輪2連覇を果たし、国民栄誉賞も受賞するような偉大なスケーターになった彼を、今も撮り続けられていることは、カメラマン冥利に尽きる。“ゆづ”のようなアスリートに出会えたことに感謝しつつ、ファインダーを通してこれからもスケーターたちを応援していこう。(撮影・文=田中宣明) 羽生結弦 (はにゅう・ゆづる) 1994年、宮城県仙台市生まれ。4歳からスケートをはじめ、2008年ジュニア選手権優勝。10年にシニアデビューし、13年グランプリファイナル初優勝。14年ソチオリンピック金メダリスト。18年平昌オリンピック連覇。19-20シーズンは、オータムクラシック、スケートカナダ、NHK杯、四大陸選手権優勝 連載「氷上に舞う」の一覧はこちら (撮影=田中宣明)

羽生結弦

【関連記事】