Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市川紗椰がオススメのテレビ番組『アメリカお宝鑑定団 ポーン・スターズ』「次々に持ち込まれるお宝の振り幅がとにかくすごい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』で連載中の「ライクの森」。人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。 今回は、この5年ほどCSばかり見ているという彼女が最近ハマっている、ヒストリーチャンネルの人気番組について語る。 * * * 5年ほど前から、気づけばアニメと『NHKのど自慢』以外はCSばかり見ています。Netflixなどの配信ものも見ていますが、ただテレビをつけてボーッとするときは、地上波よりディスカバリーチャンネルやナショナル ジオグラフィックのスピード感が合うし、リアルタイムじゃないのも心地よい。 以前、CSの車番組を取り上げましたが、数年前から見ているヒストリーチャンネルの『Pawn Stars』もオススメです。 この番組は2009年に始まり、現在17シーズンが放送されている人気番組。日本では『アメリカお宝鑑定団 ポーン・スターズ』というタイトルで放送されていますが、日本でおなじみの長寿鑑定番組と違って、こちらは実在するラスベガスの家族経営の質店に密着しています。 次々に持ち込まれるお宝の振り幅がとにかくすごい。ビンテージ玩具や有名人のサインから、100年前の歯科医の椅子や隕石(いんせき)の破片まで、ありとあらゆるものが買い取りの対象。 全体の傾向として、ベースボールカードやマーク・トウェインの初版本、南北戦争の銃など、アメリカの歴史を感じる品物が多く、アンティークの車やバイクが頻繁に登場するのも日本の質店との違いかもしれません。 見どころのひとつは、持ち込まれた品に対してオーナーのリックが披露するうんちく。持ち主の前で本人置いてきぼりの説明を長々とし、その知識マウンティングに対して客は「そうね」のひと言。 毎度ツッコミたくなる気持ちと、説明に素直に「へー」となる気持ちが混在します。家宝がはっきりと「偽物です」と言われたり、生々しい交渉にはドキドキします。

【関連記事】