Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ほっとした戦力外通告「プロ野球の世界では負け組。でも社会人では勝ち組に…」94年中日・ドラフト1位の今は32人の部下を持つ工場の現場監督

配信

中日スポーツ

◇読者の質問に答えます「地元ドラ1の今」

 今回の読者の質問に応える企画は「地元ドラ1の今」。ドラフト1位で愛知・豊田大谷高から1994年、中日に入団した平田洋さん(44)の現在を紹介する。通算2試合登板で終わった現役時代を振り返るとともに、根尾、石川昂と2年連続で入団した地元出身の高卒ドラ1への思いも語った。 【写真】鳥越、遠藤ら同期と入団発表に出席した平田洋選手  名鉄・豊田市駅から車で約10分。工場地帯の一角に「豊田鉄工広久手工場」がある。衝突時の衝撃を緩和する自動車部品を製造するこの工場で、かつての「ドラ1」は工長として現場を監督する仕事に携わっている。  「簡単に言えば改善作業です。お客さんに品質を保証するために、決められた時間の中で同じ作業を同じ動作で繰り返してもらうのが大事。野球では反復練習はあっても、試合では打者と対戦するわけですから、毎日同じということはなかった。全然違いますよね」  平田さんは24歳で引退した。サラリーマンに転身して21年。小学5年で始めた野球歴よりも、サラリーマン歴の方が長くなった。自分の仕事について説明する口調も今では滑らかだ。  豊田大谷高からドラフト1位で94年、中日に入団。最速148キロの将来のエース候補はまさに期待の星だった。プレッシャーも「目立つことが好きだった」とプラスに捉えた。  プロ1年目のキャンプ。1軍で迎えた。初めてのブルペンですでに球界を代表する左腕だった今中、山本昌の球に衝撃を受けた。それでも怖いもの知らずの18歳。キャンプを過ごしながら「この世界で勝負できる」と自信も湧いていた。圧巻の球威に、周囲は舌を巻いていた。  ところが落とし穴があった。キャンプでいきなりいろいろな人からアドバイスを受けた。「自分の引き出しが少なくて頭が整理できなかった。自分の投球を見失っていました」。高校でも厳しい練習はしてきたが、投球についてあれこれ指導を受けた経験はなかった。  「高校の時の投げ方に戻せばいい」と言われ、何度も高校時代の写真や映像と見比べた。いくら形を戻そうとしても、感覚だけは取り戻せない。「プロでのいい思い出はなかったですね…」。「自分の投球」ができたと言えるのも、1年目の3月にあった2軍の試合だけだった。  プロ5年目の10月に戦力外通告を受けた。「さみしさもありましたけど、一番はほっとしました。あの時には試合で投げても直球は130キロ台。『もう試合で投げなくてもいいんだ』と安心したのを覚えてます」と当時の心境を打ち明ける。

【関連記事】