Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乃木坂46高山一実、ロケ共演者に「ブランド財布」買ってもらう 「ジンクスあるじゃないですか...」とおねだり成功

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-CASTニュース

 「これが欲しかったやつです。パイソン柄の...。うわあ、これうれしいなあ。これ死ぬまで使います絶対」――。乃木坂46のメンバー・高山一実さん(26)が2020年9月27日に放送された「なりゆき街道旅」(フジテレビ系)に出演し、番組共演者からグッチの財布を購入してもらう一幕があった。  財布の値段は9万円。購入者は「ちなみに僕は初対面ですから」と笑顔を見せる歌舞伎俳優の尾上松也さん(35)と、番組MCを務めるお笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さん(34)で、お金は両者が「半分ずつ」出したという。  こうした一幕を見た視聴者からは、SNS上で「羨ましい」といった声が上がっていた。 ■「確かに、お財布は人からもらったほうがいい」  この日の番組は銀座がロケ地。番組MCを務める澤部さんと、尾上さん、高山さんが、銀座でグルメや買い物を楽しんだ。  番組冒頭「一年で一番いる場所。育ちも銀座なんですよ」と話す尾上さん。出演者が銀座で行きたい場所を事前にアンケート調査し、スタッフがスポットを厳選。「ロケ場所のアポも事前に取っています」というテロップの下、「街道旅」はスタートした。  銀座の街を歩きながら澤部さんがゲストに対して「お二人は初めましてなんですね」と問いかけると「そうですね」「はい」とやり取り。そんな話をしていると、目当てのお菓子屋さんに到着し、尾上さんは「私大好きな...」とテンションがあがった様子。高山さんも「私も大好き。来たことあります」と盛り上がりを見せた。  尾上さんが行きつけだという高級洋菓子店で3人は談笑。旅の「行き先」を決める中で、澤部さんが「時計屋入って買っちゃうっていう手もあるけどね」と話し、「俺はとんねるずさんに銀座で私買わされましたから」と笑いながら報告。値段を聞かれると「230くらいですかね」と淡々と伝えた。そんな中、高山さんが 「私絶対でもこれは、買ってもらいたものが1個あって...。財布を買ってもらいたくて...」 と伝えると、澤部さんが「キャバ嬢みたい」とツッコミ。対して高山さんは首を振りながら 「ジンクスあるじゃないですか。財布に。自分より収入の高い人に買ってもらう。今日せっかくなら買ってもらいたいなと思って」 と話した。「ああ」と尾上さんも頷きながら 「確かに、お財布は人からもらったほうがいい」 と話し、澤部さんも「俺も社長に買ってもらった。事務所の」と納得した様子だった。  そして高山さんは「思い出で今日は絶対買ってもらいたい」と話し、「財布選びでもしましょうよ」と尾上さんの一声に、「嬉しい」と喜びをあらわにした。

【関連記事】