Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木下優樹菜「引退後」の人生行路は波高し…面倒見いいと評判の事務所もサジ投げた

配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 活動再開から一転、である。タレントの木下優樹菜(32)が芸能界を引退することが6日、所属事務所・プラチナムプロダクションから発表された。  公式サイトでは「弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と報告。  木下は昨年、実姉が勤務していたタピオカ店の経営者に対し、脅迫まがいのダイレクトメッセージを送っていたことが判明して大炎上。騒動が発覚後、自身のインスタで謝罪したものの収まらず、11月に事務所を通じて「当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と発表していた。  気になるのは所属事務所が「信頼関係を維持することが著しく困難であると判断」した理由だ。“著しく”とは穏やかではない。テレビ関係者は「活動再開は発表したものの、想像以上に世間の抵抗感が強かったということでしょう。タピオカ店経営者とはまだ和解に至っておらず、時期尚早だった感は否めない」と話すが、さる芸能関係者はこういう。 「タピオカ騒動以上に事務所側との信頼関係を損ねる新たな事案が発覚したのではないか。実はフジモンと婚姻中に浮気疑惑もありましたし。いずれにしても業界では面倒見のいいことで知られるプラチナムがサジを投げたのだから他の事務所で出直すプランもあり得ないでしょう」  ユッキーナの引退後の人生行路は波高し、だ。

【関連記事】