Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「作業が行き詰まったら温泉へ」 今後、旅先での仕事がイケてる時代が来るかもしれない

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

突如現れた「ワーケーション」という言葉

 新型コロナウイルス感染拡大の波が再び到来するなか、政府から「ワーケーション」の提案がありました。ワーケーションは、観光地など旅先で仕事をする働き方で、仕事(work)をしながら旅(休暇、vacation)も楽しもうというもの。 【画像で分かる】そもそも「ワーケーション」って何?  テレワークができない職種の人々の反応は冷ややか。できる人であっても、「仕事は仕事、旅行は旅行。しっかり分けたい」「どっちつかずで中途半端になりそう」といった声が、テレビから流れてきます。  もちろん旅行だけを純粋に楽しめる方がいいには決まっています。しかし有給休暇が取得しづらい人が多い日本です。2020年春、新型コロナの影響でテレワークに踏み切った会社が続々と現れた際、1年後くらいにはワーケーションをする人が増えるだろうと筆者は確信したところでした。  ライターは、特にワーケーションを実践しやすい職種です。これまで国内外で実践してきた経験から、そのメリットをお伝えしたいと思います。  まずは、意図せずワーケーションになってしまった経験です。  家族で近場の温泉旅館に1泊する予定がありました。出発の朝、締め切りが1週間ほど後のはずの仕事がなんとなく気になり、念のため締め切りを確認したら、翌日の昼が締め切りと判明。しかもボリュームのある仕事でした。めったにない大きな勘違いに冷や汗でしたが、取りあえず出発。

やってみて分かったメリット

 ありがたくも宿では会議室を借りることができたので、そちらで作業をしました。  せっかくの夕食も、短時間で切り上げざるを得ず、くつろぎにきた家族には緊張感を漂わせてしまい迷惑をかけましたが、それでも不参加よりはよかったはず。この宿は、以前勤めていた会社の保養施設で、OGの筆者が行かないと家族も泊まれないルールだったのです。  徹夜仕事でしたが、仕事に行き詰ったときは短時間でも温泉に入り、気持ちをリフレッシュすることができました。  2度目は、やや遠くで2泊の温泉旅行です。到着したその日に記事の修正依頼が入ったため、翌日の中日(なかび)は観光をせず、部屋で仕事をすることにしました。このときは、先に挙げた例ほどは切羽詰まっていなかったので、仕事の合間の温泉と旅館の食事をいっそう楽しむことができました。  温泉に入ると気分がリセットされます。自宅だと1日一度でも入浴が面倒だと感じる人が、温泉では頻繁に入ります。水に触れるとアイデアが浮かびやすい、と言いますが、実際よい糸口が見つかったりします。また散歩をすれば、いつもと違う環境の中歩くことで、目新しいものだらけで、脳によい刺激が行くようです。  こういった非日常に触れることが、ワーケーションの「ワーク」側の代表的なメリットでしょう。 「バケーション」側の代表的なメリットは、忙しくても旅行を実現できることでしょう。「会社が休めないから旅行に行けない」がナシになるからです。  ワーケーションは、週末や有休の「オフ」の日と仕事をする「オン」の日をセットにして出掛けることを基本的に想定しています。  オフの日は、観光をするなど通常の旅らしく好きなように過ごせます。そして問題のオンの日ですが、「旅先で仕事」も実は悪くないのです。

【関連記事】