Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【NBAプレーオフ32日目】ヒートがNBAファイナル進出に王手…タイラー・ヒーローが37得点の大爆発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケットボールキング

 9月24日(現地時間23日)に「NBAプレーオフ2020」の32日目が行われた。  イースタン・カンファレンスファイナルの第3戦から中3日、シリーズを2-1とリードするマイアミ・ヒートはボストン・セルティックスとの第4戦に臨んだ。第1クォーターを24-23で終えたヒートは続く第2クォーター、ベンチから出場のタイラー・ヒーローが3ポイントシュートやプルアップジャンパーで得点を重ねる。セルティックスは第3戦で復帰したゴードン・ヘイワードの3ポイントシュートなどで応戦するも、50-44とヒートがリードしたまま前半を折り返す。  第3クォーター途中には最大12点差を作ったヒート。しかし、セルティックスは前半無得点だったジェイソン・テイタムが連続で3ポイントシュートを沈めるなど、多彩なオフェンスで躍動する。このクォーターだけで16得点を挙げたテイタムの活躍により、77-76とセルティックスが1点差まで詰め寄り最終クォーターへ。  第4クォーターはヒーローの3ポイントシュートで幕を開ける。しかし、残り8分51秒にダニエル・タイスのダンクで84-85とセルティックスに逆転され、たまらずタイムアウト。そのタイムアウト明け直後にバム・アデバヨのプットバックレイアップで再逆転すると、ヒーローの高確率な3ポイントシュートで再びリードを広げた。  試合終盤、セルティックスは3ポイントで追い上げ、ファウルゲームを仕掛けて2点差まで詰め寄るも、フリースローをしっかりと決めたヒートが112-109で逃げ切り、シリーズ3勝目を挙げた。  ヒートは3ポイント5本を含む37得点のヒーローを筆頭に、ジミー・バトラー24得点、ゴラン・ドラギッチ22得点、アデバヨ20得点12リバウンドと主力が活躍。ルーキーの躍動によりNBAファイナル進出に王手をかけた。セルティックスはテイタム28得点、ジェイレン・ブラウン21得点、ケンバ・ウォーカー20得点に加え、ベンチからヘイワードが14得点と主力が一定の活躍を見せるも痛い敗戦となった。 【試合結果】 マイアミ・ヒート 112-109 ボストン・セルティックス

BASKETBALL KING

【関連記事】