Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戸郷翔征、佐野恵太、塹江敦哉…セ・リーグ6球団 今季の「若手成長株」は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

読売ジャイアンツ

 高卒2年目、20歳の若武者ながら、期待に見事に応えている。開幕から先発ローテーション入りした戸郷翔征は、9月7日時点で10試合に登板、7勝はエース・菅野智之、ヤクルト・小川泰弘に次ぐセ・リーグのハーラーダービー第3位の好成績だ。新人年の昨季からブレークの兆しはあったが、オフはブルージェイズに移籍した山口俊と自主トレをともにし、その師匠の穴埋め(昨季15勝)を宣言。ここまでの働きは想像以上だ。7勝を挙げながら規定投球回には届いておらず、これまで7回を投げ切ったのが最高と、ここに課題はあるものの、「今は全力で行けるところまで行く」チーム方針。ペナントレースはまだ折り返し地点。果たしてどこまで勝ち星を伸ばせるだろうか。

横浜DeNAベイスターズ

 25歳を若手とするなら、佐野恵太しかいないだろう。今振り返れば、レギュラー経験のない、ドラフト9位入団の若者を「主将」「四番」に大抜擢したラミレス監督の慧眼には驚かされるばかりだ。オープン戦から四番に座り続け、ここまで打率.340、本塁打10、打点44と堂々の数字を残している。特に打率はヤクルト・村上宗隆を抑えて、現在リーディングヒッターに立っている。苦手だった左投手から打率.361と打ちまくっているのが、好結果につながっているようだ。シーズン終了まで四番に噛り付いていけば、結果はおのずと転がりこんでくるだろう。

阪神タイガース

 正二塁手でキャプテンの糸原健斗の故障離脱で、チャンスが巡ってきたのが高卒2年目の19歳、小幡竜平だ。ウエスタンでの成績は、チームトップの打率.277、8盗塁。必然的に一軍に初昇格した。8月22日のヤクルト戦(神宮)で一軍デビューし、26日の中日戦(甲子園)では初スタメンすると以後、ラインアップに名を連ねる機会も多くなっている。広角に放つシュアなバッティングで9月4日の巨人戦(甲子園)では高校時代のライバル・戸郷翔征から決勝打を放つなど活躍中だ。自慢の強肩と守備範囲の広さには定評があるが、12試合で3失策は少し多い。早く一軍の打者のスピードに慣れていきたいところだ。

【関連記事】