Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西村大臣「京都、大阪、兵庫の除外で了承」 “条件付き”愛媛県も「市中感染の兆候なし」

配信

ABEMA TIMES

 西村経済再生担当大臣は21日、京都府と大阪府、兵庫県の緊急事態宣言の解除について、政府の諮問委員会で「了解をいただいた」と述べた。 【映像】小池都知事「“第2波必ず”の意識を」  西村大臣は「緊急事態宣言の対象区域について、諮問した原案どおり京都府、大阪府、兵庫県を除外することで了解をいただいた。基本的対処方針については、微修正はあるものの了承された」と説明。  また、松山市の病院で集団感染が確認され、14日時点で感染経路や感染状況の調査・報告を行う“条件付き”の解除となった愛媛県については、「その後、19日までに373人にPCR検査を実施するなどの調査が進められ、26人の感染が判明している。未だ最初の感染経路の特定には至っていないものの、感染リスクのある関係者の囲い込みはひとまず完了しており、本事例を除いて新規の感染事例は確認されていない。今回の集団感染を契機に市中に感染が広がっている兆候は見られないことを諮問委員会に報告し、議論の結果、引き続き緊急事態宣言措置を取るべき区域としないことで判断いただいた」とした。 (ANNニュース)

【関連記事】