Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨大な翼を装備した貨物船「オーシャンバード」がすごい…CO2排出量を90%削減

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

オーシャンバードは、金属と複合素材でできた高さ262フィート(約80メートル)の翼で動く。最大の帆船に付いている帆の、2倍の高さだという

現在の設計では、船の全長は656フィート(約200メートル)、全幅131フィート(約40メートル)。完成すれば、最大の帆船になるという

帆は360度旋回して風を捉え、荒天時や橋の下を通過する際には、75%を格納することができる

緊急時に備えて、また港での操船がしやすいように、エンジンもある

自動車7000台を運ぶように設計されているが、ワレニウス社は同じ技術をクルーズ船などにも応用する計画だ

ワレニウス社は設計に数年をかけ、2020年の秋にテストするために全長7メートルのテスト用の船を作った

オーシャンバードは2021年末までに受注の準備が整い、2024年末に最初の船が引き渡される予定だという

Tim Levin

【関連記事】