Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛知県、ホームページに新型コロナウイルス感染者の個人情報を掲載 県民からの指摘で判明

配信

中京テレビNEWS

 5日、愛知県がホームページに掲載していた新型コロナウイルス感染者の情報をまとめたデータを、誤って個人情報が含まれた状態で公開していたことがわかりました。  愛知県は午後3時から会見を開き、経緯を説明。  県によると、誤って掲載されたのは、患者の氏名、入院先の医療機関、入院日、退院日などが含まれた資料。通常ホームページで公開する際には削除しているものです。  氏名の特定につながる情報が公開されたのは、これまでに愛知県内で感染が確認された患者495例のうち396人分で、その他の患者についても入院先の医療機関などは閲覧できる状態だったということです。  この資料は、5日午前9時30分頃から約45分間掲載されていたといい、午前10時すぎに県民からの問い合わせで発覚しました。誤って掲載された情報はすでに閲覧できない状態となっています。また、現在のところ、誤って掲載した情報の、他Webサイトへの転載などは確認されていないということです。  県はページの作成者と承認者が同一人物だったことが原因だと説明。今後は複数人での確認を徹底し、また個人情報が掲載された患者には順次お詫びをするとしています。  午後4時すぎから中京テレビに出演した愛知県・大村秀章知事は「県民の皆さんに心よりお詫び申し上げます」と謝罪しました。

【関連記事】