Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初MCのMIYAVI「噛むんじゃないか」も、見事な進行で「知ることの大切さ」伝える

配信

ハフポスト日本版

6月20日「世界難民の日」に合わせて開催された、配信型音楽イベント「UNHCR WILL2LIVE MUSIC 2020」。 MIYAVIさん(ミュージシャン・UNHCR親善大使)と長野智子さん(ハフポスト日本版編集主幹)がパーソナリティを務め、新型コロナウイルスと闘う世界の難民・避難民への支援を呼びかけました。 イベント当日の様子について、長野さんがハフポスト日本版に寄稿しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 6月20日に開催された、配信型音楽イベント「UNHCR WILL2LIVE MUSIC 2020」に参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。 2019年6月に国連UNHCR協会の報道ディレクターに就任した時点では、五輪イヤーである2020年の世界難民の日に、リオ五輪に続いて2度目の五輪出場となる難民選手団を応援するべく、ライブイベントを行う予定で準備が進められていました。  ところが、新型コロナウイルスのため五輪が延期になり、今、難民選手たちが生活している地域でも新型コロナ感染拡大との闘いが起きています。そこで国連UNHCR協会では改めて、未知のウイルスと闘う難民の人々を支援するため、今回のオンラインイベントを開催することにしました。 たくさんの難民が生活する難民キャンプなどでは密を避けることは困難なうえに、きれいな水も石けんも不足しています。なにより新型コロナ感染拡大への不安は国境に関係なく、地球に生きる私たちすべてが共有している問題です。 世界とつながることが難しくなった今だからこそ、同じ不安と闘う人たちの状況を「想像」したり「知る」ことができるのではないか。 そんな想いに賛同してくださったのが12組の豪華アーティストの皆さんでした。 おひとりおひとりが率直に、熱く、優しく難民支援への思いを語り、まずは「知る」ことからすべてが始まるという大切なメッセージを伝えてくださいました。 私と一緒にメインパーソナリティーをつとめたUNHCR親善大使のMIYAVIさんは、MC初体験だったそうです。本番前は「噛むんじゃないか」とリアルに緊張していましたが、スタートしてみれば、どんな人にも敬意をもって、まっすぐに向き合うMIYAVIさんならではの素晴らしい進行となりました。

【関連記事】