Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自主隔離中のキャサリン妃、子供たちのテレビ視聴時間を「厳しく」制限!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

私邸、アンマーホールで自主隔離生活中のキャサリン妃は、子供たちを厳しく管理しているようだ。 【写真】キャサリン妃が、最高のママだとわかる30の瞬間 『Vanity Fair』誌の王室レポーター、ケイティー・ニコールによると、キャサリン妃は子供たちがテレビを観る時間に「厳しい」ルールを設け、ほとんどの時間を屋外で過ごさせようとしているという。 「キャサリン妃は常にテレビの視聴時間にとても厳しく、最低限に止めています。この期間はアーツ&クラフツに力を入れて、お絵描きなどの画面を見ないでできることをさせています」と、『OK!』誌に語っている。

ニコールによると、ルイ王子はママや兄姉と自然の中で遊ぶのが一番好きで、子供たちはブランコに乗ったりフレームを登ったりして遊ぶほか、キッチンガーデンの自分たち用に指定された区画を手入れするよう促されてもいるという。キャサリン妃はこれまでも、外で過ごすのが大好きで、自然の中で家族と過ごす時間をどれほど大切にしているかということを発言してきた。 「子供の頃に屋外で過ごす時間を持つことは、幸福で健康な大人になる土台を築く役割を果たすと私は信じています」と、キャサリン妃は昨年、家族が一緒に屋外で過ごす時間を持つよう促す目的で「Back to Nature」ガーデンのデザインとクリエーションに協力したことを受け、コメントしていた。 先月、私邸のカントリーハウスで自主隔離生活に入ってから、キャサリン妃と夫のウィリアム王子は、世界中の多くの人々と同じように在宅ワークを続けている。先週は夫妻揃って、テレビ電話で救急医療に携わる人たちの子供の世話をする教師たちに感謝のメッセージを送ったほか、ウィリアム王子は父のチャールズ皇太子とともに、全国の救急フィールドホスピタル(屋外仮設病院)のオープニングをバーチャルで行った。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】