Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「home」木山裕策さんキング移籍で再始動! 「stay home」で絆強めた家族も協力

配信

ENCOUNT

新アルバムでは作詞作曲にも挑戦

 ♪帰ろうか~もう帰ろうよ~と、2008年に家族愛を歌った「home」がヒットした木山裕策さん(51)。がんを乗り越え、39歳という遅いデビューをした木山さんの経歴にも勇気づけられたものだ。昨年、50歳を過ぎたのを機に独立した木山さん、ほかのミュージシャン同様にコロナ禍で厳しい状況が続いているが、早くも再始動に向け動き始めている。 【動画】コロナ禍で生まれた自作曲「生きて」はお笑い芸人・たいぞうの絵とコラボ  去年11月に会社も事務所も辞め独立したんですけど、すぐにキングレコードさんから声をかけていただいて、6月10日に移籍第1弾アルバム「ラヴ&メモリーズ」をリリースします。村下孝蔵さんの「初恋」や松任谷由実さんの「リフレインが叫んでる」など1980年代の懐かしいヒット曲を中心に、昭和歌謡や演歌をカバーしたアルバムです。森昌子さんの「越冬つばめ」をロック調にアレンジしたり、僕の4人の息子が参加したり、新しい試みを取り入れました。  僕が初めて作詞作曲した曲も入っています。「STAR ROAD~星へ続く道~」という歌で、自分を否定せずそのままでがんばって生きていけばいいんだよ、というメッセージを込めて作りました。歌を作るのは、独立してやりたかったことのひとつだったのですが、難しかったですね……! ディレクターに「せっかくなので詞を書いてみてください」と言われ、本を何冊も買って勉強したもののできなくて、ふと「メロディーがあったほうが書きやすいんじゃないか?」と気づき、ピアノでメロディーを作ってから詞を書いたらできました! 童謡のようなシンプルなメロディーですが、最終的に曲も採用され嬉しかったですね!

何もできない状況が辛く落ち込んだ

 6月リリースに向けて1月から動き、レコーディングが終わったのが4月の頭。7日に緊急事態宣言が出る直前で、ギリギリ作り上げることができました。でも、その後、何もできなくなってしまい……ライブも講演も8月まですべてキャンセルになっていたので……ものすごく落ち込みました。もともと会社員と歌手活動を並行して忙しくしていたので、忙しいのには慣れていたんですけど、何もできない、となると、どうしたらいいかわからなくなってしまいました。テレビのニュース番組やネットニュースをずーっと追いかけて、どんどん不安になっていきましたね。  もともと僕はすごく心配性。中国・武漢の新型コロナウイルスのニュースが報じられた去年の11月か12月頃から「日本にコロナが来ないといいけど……」と心配していました。当時、ライブで全国どこへ行っても中国からの観光客がたくさん来ていて、ホテルをとるのにも苦労していたんです。日本でコロナの患者が出始めた2月頃から、自分でできることは何でもやろうと独自で外出自粛を始めていました。池袋にレンタルオフィスを借りて、律儀に通う生活を送っていたんですけど、3月いっぱいで解約しました。

【関連記事】

最終更新:
ENCOUNT