Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

竹内アンナ、新EP『at FOUR』詳細発表 英R&Bバンド“ママズ・ガン”メンバーとの共作曲も収録

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 京都在住の大学生シンガー・ソングライター、竹内アンナが、10月7日(水)にリリースする4th EP『at FOUR』(CD TECI-1703 1,819円 + 税)の詳細を発表。あわせてジャケット写真、新たなアーティスト写真も公開されています。  すでにJ-WAVEのキャンペーン・ソングとして独占オンエアが始まっている「Love Your Love」は、ドラムに岡本啓佑(黒猫チェルシー)、ベースにナガイケジョー(SCOOBIE DO)、キーボードに渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)ら縁の深いミュージシャンに加え、ギターとギター・アレンジで永井聖一が初めて参加。  また、イギリスのR&Bバンド、ママズ・ガンのフロントマン、アンディー・プラッツと共作した「Striking Gold」も収録。竹内がファンだったママズ・ガンの2019年の来日公演を観に行ったことがきっかけとなり、プラッツ・サイドから竹内にオファー、念願のコラボレーションが実現しました。  さらに、カンテレ / フジテレビ系列全国ネット「セブンルール」のインフォマーシャル・ソングとなった「+imagination」や、デビュー前からライヴの定番曲であり今回アコースティック・アレンジで初収録された「Sunny day」、そして1stアルバム『MATOUSIC』に収録されている「I My ME Myself」はSchroeder-Headzにより大胆にリミックスされ、今まで以上にバラエティに富んだ全5曲を収録したEPとなっています。

【関連記事】