Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自信つくまで練習を 水泳リオ五輪入賞の山口さん 四国中央で教室

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
愛媛新聞ONLINE

 競技への意識を高めてもらおうと、四国中央市村松町のエリエールスポーツクラブは4日、五輪選手を招いた水泳教室を開いた。2008年北京、16年リオデジャネイロの両五輪で入賞した元日本代表山口美咲さん(30)=東京都=が、クラブに通う小学1年~高校3年の30人に練習の基礎や心構えを教えた。  同教室は17年から毎年開催。2年連続で講師を務めた山口さんは、09年に女子100メートル自由形で54秒43の日本記録を樹立。北京五輪では800メートルリレー7位、リオ五輪は400メートルリレー8位に入った。現在はホテル運営会社「星野リゾート」に勤務する傍ら、全国でスポーツの普及活動に取り組んでいる。  実技指導は10歳以下と11歳以上に分けて臨んだ。山口さんは肩ではなく肋骨(ろっこつ)から動かし大きく泳ぐ意識や、スタートとターン直後の基本姿勢「けのび」を指導。耳を腕で挟み、腰をそらさないなどのポイントを挙げ「壁を強く蹴っても姿勢を崩さないで」などと呼びかけた。  講演もあり、有力選手として注目され試合前に極度の緊張に見舞われたことや、12年ロンドン五輪出場を僅差で逃した経験を紹介。「自分が緊張していることに気付き受け入れ、周りを冷静に見ることが大切。自信がつくまでしっかり練習してほしい」と語った。  同市の金生第二小4年の男子児童(10)は「泳ぎのお手本がすごかった。教えてもらったことを生かし自己記録を更新したい」と話した。

愛媛新聞社

【関連記事】