Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いま“ちょい旧ハーレー”が狙い目な理由【ダイナ ファミリー】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

ハーレーのエンジンが“ツインカム”から“ミルウォーキーエイト”に世代交代してから早くも3年が経過。もうディーラーにツインカムの新車が並ぶことはなくなったが、逆に中古車市場では見逃せない存在になっている。プライスがグッと抑えられとても買いやすい価格に落ち着いているのだ。現行モデルと肩を並べるほどのスペックを持ちながら、ヴィンテージのような気難しさもないツインカムエンジンの“ちょい旧ハーレー”。実はこれこそがいま最もアツいといえるだろう。そこで現行モデルでは手に入らない“ダイナ ファミリー”を掘り下げてみよう

現行ソフテイルとダイナの違いとは!?

2018年モデルから、従来まであった“ソフテイル”と“ダイナ”という二つのファミリーが統合し、まったく新しいファミリーとして現行ソフテイルが登場した。従来のダイナはエンジンをラバーを介してフレームに搭載する「ラバーマウントフレーム」を採用していたが、現行ソフテイルではエンジンをダイレクトに搭載する「リジッドマウントフレーム」に変更された。また、ツインショックだったリアショックがモノサスに変更されたことで、見た目もスッキリとしていることも特徴だ。だが、最も注目すべきは中古市場での価格差とタマ数の豊富さである。

《現行ソフテイル(ローライダー/2018~)の場合》 平均価格159.8万円(※2020年7月末・編集部調べ) 価格帯は新車よりもお買い得だが、市場のタマ数は探せば見つかるレベル。例えるなら、あの車両とこの車両、どちらにしようかと悩むほど豊富ではない。とはいえ走行距離が少ない個体が多いため、お買い得感は強い

《ちょい旧モデル(FXDLダイナ ローライダー/1999~2017)の場合》 平均価格115.9万円(※2020年7月末・編集部調べ) タマ数の多さは圧倒的で、価格帯は年式が古いほどに安価になる傾向。現行ソフテイルとは見た目がまったく異なっているほか、ラバーマウントフレームによりアイドリング時にエンジンがユサユサ揺れるのも特徴だ

【関連記事】

最終更新:
FUNQ