Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

1947年の悲願 東京「練馬区」だけが区の発足を「独立」と呼ぶワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

「独立」にこだわる練馬区

 8月1日は練馬区の独立記念日。東京の中でも練馬区だけは区制のはじまりを「独立」という言葉で表現するのをご存じでしょうか。 【画像】あなたは知ってた? 練馬区の公式アニメキャラクター「ねり丸」の御尊顔を拝する(14枚)  というのも、練馬区は板橋区から独立して成立したからです。2017年には独立から70年を迎えて、区内各所で盛大な行事が開かれました。  成立ではなく、独立という言葉を使う練馬区。独立というのは、一般的に平穏無事に行われるものではありません。人類の歴史を振り返っても、アイルランド独立とかインドネシア独立、アンゴラ独立など、血と汗によって達成されるものなのです。  もちろん血こそ流れませんでしたが、練馬区は独立達成まで、22年間にわたる苦闘を繰り広げてきました。  板橋区からの独立は、練馬区にとって特別な意味合いを持っているようです。区議会の議事録や広報紙といった資料を閲覧できる区役所内の区政情報コーナーにも、次のような独立関係資料コーナーと、案内がきちんと記されているのです。 ・板橋区から独立 ・独立記念誌 ・30周年史「練馬区史」はこの棚の裏  練馬区は独立した歴史を刻むため、10年ごとに記念誌が作られています(30周年は練馬区史を編さんし発行)。  中でも『練馬区史』と60周年記念史には、独立へと至る苦闘と、そのために戦った区の偉人たちの顕彰が行われています。

反発した8町村

 大正時代から関東大震災を挟んで、当時の東京市は人口が増加し、街の規模を広げていきます。大正時代には、それまでの東京15区と荏原郡・豊多摩郡・北豊島郡・南足立郡・南葛飾郡の5郡82町村、現在の23区に相当する地域を含めて「大東京」と呼ばれるようになっていました。  1932(昭和7)年、それら周辺地域も含めて新たに東京35区が成立します。このとき、現在の練馬区が所属する北豊島郡は、池袋区・滝野川区・三河島区・王子区・板橋区の5区にわけられることになりました。  東京市がこうした区分けをしたのには理由がありました。旧来の15区の平均人口14万人を基準に区をつくることにしていたからです。  当時の北豊島郡は人口約86万人だったので、6区になるところですが、練馬や石神井、大泉などは人口が少なかったのです。  これには東京市も悩んだようで、「地域広大なりと雖(いえど)も当分の内、特に合して一区となるを適当なりとす」としていました。  現在の練馬区と板橋区を合わせた地域で板橋区とするものの、あまりにも広すぎることから、東京市は将来的な分離を視野に入れていたのです。  この案が公になると1932年10月1日に迫った板橋区の成立を前に、現在の練馬区にあたる8町村(中新井村・石神井村・赤塚村・志村村・大泉村・練馬町)は連名で板橋区を拒否。将来の住宅地としての発展を見据えて、一区となりたいという陳情を行います。  しかしこの陳情は実を結ばず、現在の練馬区は板橋区の一部として成立します。

【関連記事】