Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

No Lie-Sense(鈴木慶一+KERA)、アルバム『駄々録 ~ Dadalogue』にPANTA(頭脳警察)コメント ジャケット公開も

配信

リアルサウンド

 鈴木慶一(ムーンライダーズ)とKERA(有頂天)によるユニット・No Lie-Senseが、7月29日にリリースするアルバム『駄々録 ~ Dadalogue』のジャケットを公開した。  公開されたのはCD盤、アナログLP盤の2種類で、1910年代半ばに起こった戦争に対する抵抗、既成の秩序や常識に対する否定や破壊、といった芸術思想のダダイスムに倣い、常識から開放された音楽を目指して制作されたアルバムを象徴するジャケットとなっている。  また、No Lie-Senseの2人の盟友であるPANTA(頭脳警察)から『駄々録~Dadalogue』へのコメントも寄せられた。 ■PANTA(頭脳警察)コメント No Lie-Sense 『駄々録 ~ Dadalogue』 大傑作だ、驚いた!! KERAの曲かと思えば慶一で、慶一かと思えばKERAだったり、 芝居の早替えを見ているようなNo Lie-Senseな嘘のない振り落とし韻踏み遊びしながら、 散りばめられた2.掛け3掛けの棘と洒落、 我らが世はで吹き出して、居残り佐平治で悶絶 鳥巣田辛男でヤマアラシの幻影を見させられ ハイランダーならぬアイランダーで、島国の春のガラパゴス 三木鶏郎、筒井康隆、山下洋輔などを惜しげもなく取り入れ、 たどる道筋は異なりながら志を同じくする嬉しさを心底感じている 時代を継承しながら、とうとう大輪の花の下になごんだふたり~絶景かな

リアルサウンド編集部

【関連記事】