Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

残暑厳しく 9月に40℃超は史上初 天候まとめ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウェザーマップ

 気象庁は1日、9月の天候のまとめを発表した。気温は北・東日本でかなり高く、西日本で高くなった。降水量は西日本日本海側で多く、日照時間は西日本太平洋側と沖縄・奄美でかなり少なかった。

9月初の40℃超

 南から暖かい空気が流入しやすかったため、9月の気温は北・東日本で平年よりかなり高く、西日本で高かった。北日本は上旬の気温が平年差+3.7℃で、統計がある1961年以来、9月として1位の高温となった。北陸を中心にフェーン現象が発生したため、3日は三条(新潟県)で日最高気温が40.4℃と、全国の気象官署及びアメダスで、9月として初めて40℃を超えた。

西日本の日本海側 多雨

 台風や前線、湿った空気の影響で、月間降水量は西日本の日本海側で多くなった。上旬に台風9号、10号が相次いで沖縄・奄美を通過し東シナ海を北上した影響で、西日本と沖縄・奄美を中心に大雨や大荒れとなった所があった。 <月平均気温高い方から1位を更新した地点>  父島 28.8℃(平年差+1.3℃)

この先の天候

 向こう1か月の気温は全国的に高い予想で、沖縄・奄美は今月半ばごろにかけてかなり高くなる可能性がある。東日本の太平洋側は、平年に比べて晴れの日が多い見通し。

【関連記事】