Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「中合福島店」閉店...名残惜しむ買い物客 県都の顔!歴史に幕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 百貨店の中合福島店(福島市)は31日、JR福島駅東口の再開発に伴い閉店し、146年の歴史に幕を下ろした。名残を惜しむ大勢の買い物客が訪れ、シャッターが閉まる最後の瞬間を見届けた。  中合は1874(明治7)年に呉服店として開業。1973年に辰巳屋ビルに移転し「県都の顔」として経済発展を支えた。会社は今後、清算手続きに入る。  入居テナント全101店舗のうち、約2割の20店舗程度が市街地などで営業継続を希望している。市は31日、15店舗の移転先が周辺のビルや商業施設などに決まったと発表した。

【関連記事】