Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年版! 安全で“コスパ最強”の軽自動車5選

配信

MOTA

現在、コロナによってマイカーの需要が高まっている。そんな中で、買い物・送り迎えや通勤・通学をする愛妻・愛娘ために、セカンドカーとしてリーズナブルで乗りやすい軽自動車を検討しているという旦那さん・お父さんも多いはず。 今の軽自動車は衝突安全性能・予防安全装備が格段に向上してきているとはいえ、大事な家族が乗るからこそ、その中でも安全性の高いクルマを選びたいはずだ。 ■最新軽自動車のインテリアは超リッチに!? オススメ5車種の内外装を画像で見る! 当記事では、軽自動車の中でも安全性能が高く安心なクルマの中から、使用目的に合わせたオススの5車種を紹介していく。クルマを知り尽くした自動車評論家の渡辺 陽一郎氏より、最適な車種とその理由、迷わずにすむように「オススメのグレード」を紹介してもらう。 愛妻・愛娘用のセカンドカーを検討しているという人だけでなく、新たなマイカーとして軽自動車を検討している人も要チェックだ。

1.荷室の広さなど積載性を重視するなら「ホンダN-BOX」

軽自動車の用途で、意外に多いのが自転車を積むことだ。子供が自転車で学習塾などに出かけ、授業中に雨が降ってきたら、親がクルマで迎えに出かける。自転車も載せて帰宅するには、広い荷室が必要だ。このニーズに最も適した軽自動車はホンダN-BOXになる。 燃料タンクを前席の下に搭載するので荷室の床が低くなっている。路面からリヤゲート開口下端部までの高さは、N-BOXが470mm。同じスーパーハイトワゴンであるスズキ スペーシアは510mm、ダイハツ タントは580mm、日産 ルークスは590mmだ。N-BOXであれば、自転車を積む時に前輪を大きく持ち上げる必要もない。 また後席は背もたれを倒すと、座面も連動して下がり、ボックス状の広い荷室に変更できる。このシートアレンジは、N-BOX、スペーシア、タント、ルークスのすべてが採用するが、N-BOXは床が低いために荷室高に余裕がある。N-BOXの全高と室内長の数値はルークスと同等だが、荷室の床から天井までの寸法を測ると、N-BOXが約100mm上まわる。 N-BOXは補機類の配置も含めてエンジンを縦長に設計して、前後の寸法を詰めることに成功し、有効室内長も長く荷室を一層広い。後席をシートとして使う時の頭上と足元の空間もきわめて余裕がある。 昔の軽自動車のイメージを拭えず「軽自動車は危ない」と思っている人も少なくないだろうが、N-BOXは平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高評価である“衝突安全性能評価ファイブスター賞”を受賞しており、大事な家族が乗るにも安心の1台となっている。 安全装備は、衝突被害軽減ブレーキが歩行者と車両に加えて、自転車も検知できるようになった。機能や装備の割に価格を抑えた買い得グレードは、標準ボディのG・Lホンダセンシング(154万3300円)になる。

【関連記事】

最終更新:
MOTA