Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「自分の声が試合を変える」 卓球ファン代表Mr.Jが語る“応援の醍醐味”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

「卓球の応援文化をT.T彩たまが率先して作り上げよう」と使命感に燃えるのは、Tリーグ男子・T.T彩たまの応援をリードするファン代表のMr.Jだ。 【写真】勝利後笑顔で写真を撮るT.T彩たまメンバー “するスポーツ”として発展してきた卓球を“見るスポーツ”に変えるべく、「応援を盛り上げてお客さんを楽しませる必要がある」と分析する。 10年以上の熱狂的な阪神タイガースファンでもあるMr.Jに、卓球の応援に関する考えを詳しく聞いた。

卓球の応援の面白さ 「自分の声って届いてるんだな」

――プロ野球ファン歴の長いJさんから見て、卓球の応援にはどのような魅力がありますか? Mr.J:僕はプロ野球で10年以上球場に通って観てますけど、自分の応援が選手に届くことはまずないんですよ。数も5万人が平気で入るような試合を何試合もやっていて、プロ野球は5万人が一緒に応援する一体感は楽しいんですが、別に自分がいなくても良いわけです。自分の声が力になってるのかなと思うところはありました。 一方卓球は、一人の声が選手に届く距離感。これは他のスポーツ見てもほぼない気がしてます。今、僕も選手や監督、スタッフさんから感謝されることがあるので、自分の応援が感謝で返ってくるのはもう絶頂ですよね(笑)。そういうフィードバックがあるところが全然違いました。 自分の声が試合を変えるかもしれないと思うと、応援も気合入るし感情もこもる。そこは全然違って卓球の応援は面白いですよね。 ――声が届いた実感があったときはありますか? Mr.J:どこの試合かはちょっと覚えてないんですが、戸上くんに初めてサインを貰おうとした時に、「いつもありがとうございます。いつも力もらってます」みたいなことを言われました。 それで「やっぱり自分の声って届いてるんだな」と。僕はただ応援してただけなんですが「届いてるんだな、嬉しいな」とは思いましたね。 ――Twitterでは戸上選手が水谷選手に勝利したことに関連して「お金では買えないスポーツ応援の醍醐味」についても書かれていました。 Mr.J:そもそも戸上くんを推していた理由として、T.T彩たまの1stシーズンのメンバーの中で、唯一の年下だったことがあります。弟が戦っているような親近感が湧いて注目して見ていました。 水谷隼選手に勝った試合は、ラリーズさんの記事にもあったように戸上くんにとって“卓球人生を変えた試合”。スポーツ選手の人生を変える試合に立ち会える喜びが、ファンやっててよかったなと思う瞬間ですよね。自分もその一員になったというか。 しかも“水谷隼”というとんでもない強敵を打ち負かすという、言い方が悪いですけど弱い者が強い者を倒すところは、常々スポーツの面白いところだと思っているので、今でも忘れられない思い出になってますね。

【関連記事】

最終更新:
Rallys