Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「観光の復活目指す」 ツーリズムEXPOジャパン

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
宮古毎日新聞

10月29日から宜野湾市で開催へ

 ツーリズムEXPOジャパン2020旅の祭典in沖縄(主催・日本観光振興協会、日本旅行業協会、日本政府観光局)が、予定通り10月29日~11月1日の4日間、宜野湾市の沖縄観光コンベンションセンターと同市立多目的運動場(屋内)で開催される。事務局は「安心なイベントモデルを沖縄から発信して、新型コロナで打撃を受けた観光市場の復活を目指したい」と強調した。    ツーリズムEXPOジャパンは、世界最大級の旅行・観光イベント。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、事前登録制による人数制限を実施して人数が上限を超えないようにするほか、入場時には検温を実施する。商談会に参加するバイヤーや出展者には、フェースシールドの着用などを義務付ける。    会場には、340程度のブースが出展する見通し。10月29、30日は業界日として沖縄県内外の観光事業者による商談会が行われるほか、同31日と11月1日は一般日で映画やダンスイベントも開催される。  10月29日の開会式では、「コロナ感染を乗り越え、強靭で持続可能な観光性成長を目指す」をテーマに、沖縄観光コンベンションセンター(OCVB)の下地芳郎会長らが基調講演を行う。OCVBの担当者は、「(ツーリズムEXPOジャパン)を「新型コロナで落ち込んでいる沖縄経済が反転攻勢するきっかけにしたい」と力を込めた。