Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

平祐奈、主演の宮崎ドラマをアピール「もしかしたら腹筋が割れちゃうかも」6・1開始

配信

オリコン

 女優の平祐奈が主演し、俳優の高橋克典、井上祐貴が出演するテレビ宮崎開局50周年ドラマ『ひまわりっ~宮崎レジェンド~』が6月1日からスタート(月~金 後6:45、『UMKスーパーニュース』内で放送)。放送に先駆け、平と高橋がコメントを寄せた。 【場面写真】キュートな制服姿の平祐奈  原作は宮崎市出身の東村アキコ氏による漫画『ひまわりっ~健一レジェンド~』。主人公・アキコ(平)が、突拍子もない言動で周囲を困惑させるマイペースな父親・健一1号(高橋)と、植物にやたらと詳しい超天然な彼氏候補・健一2号(井上)に振り回されながらも、漫画家を目指す姿を描いたギャグ漫画。東村氏の美大卒業後の経緯を元に、実話を交えながら描かれた作品となっている。  平は「いよいよドラマ『ひまわりっ』が放送となります。私もとてもワクワクしています」と待ちきれない様子。「見どころは『全部!』と言いたいところですが、やっぱりアキコとお父さんのテンポの良い掛け合いだったり、出演されているキャストの皆さんが個性豊かなので毎回クスっとたくさん笑えると思います。もしかしたら腹筋が割れちゃうかもしれません(笑)」と呼びかける。  そして「1話15分で見やすいと思うので家族と一緒に、友達と一緒に毎日笑って観ていただけたらなと思います。今は大変な時期ですが、1人でも多くの方にひまわりのように笑って元気になってもらえたらいいなと思います。ぜひ『ひまわりっ』毎日見てください!」とコメントし「また宮崎に行きたいです~!」と再訪できる日を楽しみにしていた。  高橋は「いよいよドラマ『ひまわりっ』がはじまります! 普段とはだいぶ違う感じの役でして、『健一さんが高橋克典…どうなんだ!?』と思う方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、僕自身この役が大好きで意外にも初めてしゃべってみた宮崎弁が大好きになりまして撮影期間、最初から最後までノリノリで突っ走りました。かなりはじけて健一を演じさせていただきましたので、ぜひ皆さんに楽しんでいただければ幸いです」と明かす。  見どころについては「1話から10話まで全部です!!」ときっぱり。「何が1番面白いかと言いますと、やはり宮崎人のてげてげさですね。初めはなんのこっちゃと思っていましたが、撮影で宮崎に滞在させてもらって最後の方にはなんとなくわかってきました(笑)。でも宮崎の人の温かさ、家族想いなところもにじみでています(まあ健一さんの場合はちょっと特殊な人ではありますが…)」と宮崎での撮影を楽しめたそう。「まだまだ大変な時期は今しばらく続きますけれども、1日15分間、ぜひ家族皆さんで観ていただいて笑ってもらえれば本望です。楽しんでいただけることを願っております」とコメントした。  同ドラマはTVer、FOD、カンテレドーガ、GYAO!でも6月8日から配信される。 ■1話あらすじ  金沢の美術大学を卒業したアキコは、父・健一の勤める「南九州テレフォン」にコネで入社することになり、実家宮崎に帰ってきた。入社当日、健一はアキコのあいさつを遮り、唐突に学費の話を始め電卓をたたくと「この金食い虫が!」と同僚の前でアキコに怒鳴りだす。仲裁に入った猿渡副主任や黒木が「美大出身なんて大歓迎、皆喜んでいますよ」というと、すぐに笑顔になって喜ぶ健一。そして、「アキコをよろしくお願いします」と同僚たちに深々とお辞儀をし、社内がほっこりとした空気に包まれたと思った矢先、「爪、早よ何とかしてこい!」と怒り出す。急に怒ったり、喜んだり…。そう、健一は予測不可能。支離滅裂。人の気持ちに土足であがり、踏み荒らしたうえに、唐突に去っていく男なのである。その夜、蛯原・猿渡副主任がアキコの歓迎会を開いてくれることに。そこでも健一ワールドが炸裂し…。

【関連記事】