Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

整形外科医が警告「靴選びの失敗で、人間の足は退化していく」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

外反母趾、扁平足、開張足…。あなたの「足トラブル」、原因は誤った靴選びかもしれません。熊本市民から愛される整形外科の院長、片岡泰文氏は書籍 『治療の痛みは喜びの涙 ある整形外科医の言いたい放題』(幻冬舎MC) にて、間違いだらけの健康常識に警鐘を鳴らしています。

かかと歩き・靴選びで「足のトラブル」は解決する

立つということに対して、人間は、どんな方向に進化していけばいいのか、そんなつまらないことを常に考えている。膝を曲げて歩くという動作自体が膝をひねっているのだ。 山道を歩くときと違って、街なかは平坦。そこを、膝を曲げて歩く必要はない。ところが街では、膝を曲げて歩いている人が目立つ。 幅広靴のような、かかとで歩けない履きやすい靴の影響だ。すり足の人は、かかとに発達障害が起きている。かかとをちゃんと使って歩くことで、かかとが長くなり、安定性が増すのだ。颯爽と歩く感じがいい日本人には、かかとを使って歩くというイメージを持った人が少ない。でも、外国人には意外と多いのだ。 外国人の女性の胸が大きいのには理由がある。かかとを使い、背筋を伸ばしているからだ。肩を寄せて背中を丸めると、胸が引っ込む。颯爽と歩く感じで歩くと、身長も伸びるし、バストアップにも効果がある。テレビなどで話題のウォーキングトレーナーさんは、モデルの歩き方をやっているだけ。あれができるのは若い女性だけだろう。年寄りなんかは、やるもんじゃない。体が硬いと壊れてしまう。 若くて健康で、あれを魅力的でいいという世界もあるだろうが、医療とは関係ない。治療ともいえない。

靴ひもを締めるべき理由

靴ひもを締めない若者が増加している。どんなに高価な靴を履いていても、靴ひもをしっかりと締めなければ、足が靴の中で前後に動いてしまい、痛みの原因をつくってしまう。究極に悪い例が、「幅広靴」や「幅広サンダル」。老若男女を問わず、人気がある。悪い姿勢で、つま先をすりながら歩くのに、ちょうどいい靴といえる。歩く姿は猿。つまり「退化」しているのだ。 いい靴というのは、底がある程度硬くて、細くて長いもの。足をしっかりつかまえる靴で、靴ひもやマジックテープなんかでしっかり締めて、足が先に進まないようにして履くんです。しっかりした靴をきちんと履けば、外反母趾・扁平足・開張足も回復してくる。 自分の足をよーく見てください、今使っている幅広靴と同じ形になっていませんか?

【関連記事】