Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【スポーツカー好きの夢】ポルシェ718ケイマン 中古で購入 故障の心配/英国相場は?

配信

AUTOCAR JAPAN

718で選ぶなら4気筒のケイマン

text:Mark Pearson(マーク・パーソン) 2016年、当時の新型718ケイマンおよびボクスターは、フラット6ではなく4気筒ターボエンジンを採用したことで話題となった。 【写真】ポルシェ718ケイマン、GT4、GT4クラブスポーツ、GTS【一度は乗りたいスポーツカー】 (97枚) ファンの反発は強く、2019年にはGTSとGT4の2つの追加モデルに自然吸気4.0L 6気筒ユニットが再導入されたにもかかわらず、今でも議論の的となっている。 スポーツカー好きなら、エンジンの気筒数やターボエンジンかどうかは最重要事項だ。 それ故に、このクルマが登場したときに世界中のファンが泣いたとしても不思議ではないだろう。 とはいえ、4気筒の718を掃き捨てるわけにはいかない。 ステアリングのクイック化、サスペンションの改良、スタイリングのリフレッシュなど、全面的に刷新された718は、旧型ケイマンよりもはるかに速く、運転していて気持ちがいいのだ。 パワーも不足しているわけではない。2.0Lモデルは300ps、2.5L Sモデルは350osを発揮する。 どちらも免許を失うようなスピードで加速し、ターボラグも少ない。 しかし、エンジンサウンドに楽しさがないことを嘆くマニアもいると思うが、その通りだろう。 旧来のエンジンの音色に比べれば、あまり心地よいとは言えないし、スポーツカーらしさもない。 それよりも、全体的なバランスやハンドリングなど、数多くの美点に注目した方が良いだろう。 このクルマは、際限のないグリップと卓越した安定性を持っていて、どんなスピードでも楽しくドライブできる。

ポルシェを中古で手に入れる

充実したインテリアは、快適で満足感のあるドライビングポジションを提供してくれる。 スイッチ類はすべてしっかりとした上質な感触で、ボタン操作もスムーズだ。 ポルシェの残存価値は高く、中古車を購入するとかなりの節約になる。 2016年モデルを手に入れるためには、少なくとも約3万ポンド(396万円)が必要になると考えたほうがいい。 この価格では2.0Lモデルになるが、予算を3万5000ポンド(462万円)から4万ポンド(528万円)程度に増やせばSモデルを見つけられるだろう。 フラット6を探しているのであれば、GTSケイマンの場合は5万ポンド(661万円)前後、GT4の場合は8万ポンド(1057万円)以上の出費を覚悟しよう。

【関連記事】