Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メーガン妃のメイクアップアーティストが明かす、セルフメイクのポイント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ELLE ONLINE

ハリー王子とメーガン妃が結婚してから2年。「すっぴんメイク」という名にふさわしい、メーガン妃のそばかすが透けるツヤ肌と自然な色合いのリップをまとった花嫁メイクは今でも注目の的。今回、メーガン妃のメイクを担当したメイクアップアーティストのダニエル・マーティンが、花嫁のセルフメイクのコツを教えてくれた。

ダニエルが教えてくれたのは、花嫁が自分で行うセルフメイクの方法。ベースメイクのは、ブラープライマーを使ってテカリを防ぎつつ明るい印象の肌に。そのあとフルカバレッジコンシーラーで “赤みを抑える” のがポイント。 ダニエルは、立体感のあるコントゥーリングメイクにはマットなブロンザーの使用をすすめているものの、いちばん重要なのはナチュラルな血色カラーのチークを入れることだという。 また、リップはヌード系をチョイスするのが特におすすめとのこと。ヌードピンクカラーではあまりにも薄すぎて肌のトーンとあわない場合、少し濃いめの肌にも似合うピンクをセレクトすれば、どんな肌色の人でも全体のトーンを統一できるはず。 おうちでの式やセルフプロデュースのコンフォート婚を検討中の花嫁は必見!

original text : Laura Capon ※この記事は、海外のサイト UK版『Cosmopolian』で掲載されたものの翻訳版です。

ELLE mariage

【関連記事】