Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デ・ヨング彼女「バルセロナでの最初の2ヶ月間は苦労した」...二人の出会いも告白

配信

SPORT.es

FCバルセロナのMFフレンキー・デ・ヨングのパートナーであるミッキー・キーメニーは、バルセロナに到着した当時、バルサでの新たな冒険に苦慮していた彼氏と同様に簡単ではなかったことを『Glamour』誌のインタビューで認めている。 デ・ヨング 彼女と3年前ファンとしてカンプ・ノウを訪問 「バルセロナでの最初の2ヶ月間は苦労した」と今では告白している。「深みに放り込まれた私は、突然、友人も家族もいない見知らぬ街にいて、フレンキーの生活はすぐにチームと一緒に始まった。そこから人生をスタートさせなければならなかったけれど、何から手をつけていいのかわからなかった」 自身が手掛けるファッションブランドを持つ若い起業家は、インスタグラムで128万人以上のファンを抱えている。彼女は悪い状態を克服するためにカイロプラクターに助けを求めたようで、「しばらく時間がかかったけど、バルセロナは私の街でもあるし、家にいるような気分になってきた」と話している。 このカップルが出会ったのは15歳の時で、3年後に半年間の「休養を決めた」という。「お互いの好きなところを見極める必要があったの。だから私たちはそうした。その後、私たちの絆はさらに強くなっていった。本当にお互いを選んでいたようで、たまたま交際に至ったわけではない」と説明している。 バルセロナのMFは彼女にとって大きな支えになっている。「フレンキーとは超ラブラブで、私が嫌な思いをした時、そういう時にはとても優しく接してくれて、食事に連れて行ってくれたり、ビーチに連れて行ってくれたり。私たちはお互いをよく理解していて、本当に支え合っている」と、バルセロナに完全に溶け込んでいる22歳のオランダ人女性は締めくくっている。

SPORT

【関連記事】