Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

明日海りおが舞台に帰ってくる…来年1月「ポーの一族」で再出発

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 昨年11月に宝塚歌劇団を卒業した元花組男役トップスターで女優の明日海りお(35)が、ミュージカル「ポーの一族」(来年1月=大阪・梅田芸術劇場、2月=東京国際フォーラム)に主演することが3日、分かった。退団後、初の舞台出演。トップスター時代の18年に演じた傑作で再出発を飾る。  退団から1年以上の時を経て、舞台に戻ることになった明日海。「多くの方からまた演じてほしいとのお声をいただきましたので、このような形で実現し驚きとうれしさでいっぱいです」。不思議な縁を胸に、3年ぶり2度目の「ポー―」に挑む。  原作は漫画家・萩尾望都さんが、1972年に発表した少女漫画の金字塔。永遠に年を取らずに生きていくバンパネラ(吸血鬼)の一族に加わった少年・エドガーの運命を描く。18年に演出家の小池修一郎氏が脚本・演出を手がけ、宝塚歌劇団花組で初めてミュージカル化。明日海がエドガーを演じ、原作に忠実なビジュアルや表現力で観客を魅了した。  前回同様、小池氏が脚本・演出を担当し、明日海がエドガーを演じる。今回は男女キャストが出演し、宝塚の華麗な世界観とは異なるが、小池氏は「本人がためらいなく挑戦を受け入れてくれました」と期待する。明日海も「新しい環境の中、自分がどう変わり、どのような化学反応を起こしていけるのか、ひとつのチャレンジになると思います」と意欲的。新天地を楽しみながら、異世界の耽美(たんび)さを表現する。  ◆明日海 りお(あすみ・りお)1985年6月26日、静岡市生まれ。35歳。2003年4月、月組公演「花の宝塚風土記」で初舞台。13年3月に花組に組替えされ、14年5月に花組トップスターに。トップ在任歴は退団時で約5年6か月となり、平成に誕生したトップでは宙組・和央ようか(約6年1か月)、星組・柚希礼音(約6年)に次ぐ3番目の長さとなる。20年1月から芸能事務所・研音に所属。9月から配信公開する映画「ムーラン」の吹き替え声優を担当。

報知新聞社

【関連記事】