Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モデル、ケリーが実践してる!“ヘルシー美人度“を劇的に上げる8つの習慣

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

スーパーフードマイスターなど食に関する資格を多く持ち、ヘルシーなレシピがSNSなどでも人気を集めるモデルのケリー。前回の記事「ヘルシーモデル・ケリー流『食べながらやせる』を叶える7つのルール」も注目を浴びた。今回は、ケリーが健康的な美しさをキープするために実践している日々のヘルシー習慣を8つ教えてもらった。すぐに取り入れられることばかりだから、ぜひチェックして。 【写真】ヘルシーモデル、ケリー流「食べながら理想のボディ」を作る7つのルール

【ケリー流ヘルシー美習慣1】水は1~1.5Lを目安に飲む

「水はたくさん飲むべきという考え方もあると思うけど、私は取りすぎに注意しています。なぜなら、普通に口にする水のほかに、果物や野菜やお料理からも自然と水分って摂取しているから。 水分を取りすぎると腎臓に負担が掛かることもあると考えて1日に1~1.5Lを基準にしています」

【ケリー流ヘルシー美習慣2】体重よりも体脂肪率を意識

「今はキックボクシングをしつつ、ジムでトレーニングと有酸素運動をしています。もともとは運動嫌いだったんだけど、18歳の時にキックボクシングに出会って、そこから大好きになったんです。というのも、体はもちろん、物事の考え方が変わって、仕事も順調になっていくのを感じたから。 それ以来、キックボクシングのライセンスを取得したり、様々なワークアウトに挑戦したり、体を動かすこと自体が好きになりました」

「そして私がひとつの基準にしているのが体脂肪率。体重ではなくて、体脂肪率なんです。1%を落とすのにだいたい1ヶ月かかるんですが、でもそうやって目標を立てながらトレーニングに取り組むことで充実感が得られて、自分を好きになれる。 トレーニング後は筋肉をリカバーしてくれるプロテインは、プラントベースのものを欠かさず飲んでいます」

【ケリー流ヘルシー美習慣3】夕食は消化の良いものを選択する

「朝と昼は炭水化物やタンパク質も食べるけれど、夜はとにかく消化しやすく、胃に負担が掛からないものを選んで食べています。 例えば夕食にステーキを食べると、それを消化するのに8~12時間掛かると言われていて、その間ずっと胃は消化活動をしていることになる。それでは胃が休まらないので、きちんとお休みできる時間を作るようにしています。夜に摂るタンパク質はお豆腐やテンペ、納豆を選んでいます。 自炊のときは、夕食の時間は寝るまでに消化できるよう考えて、できる限り18時から19時までの間で終わらせるようにしています」

【関連記事】