Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

橋本祥平「負けられないって刺激をもらいました」――「戦国炒飯TV」うつけ坂49特集【堀秀政 編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
2.5ジゲン!!

“なんとなく歴史が学べる映像”を楽しめる戦国バラエティー番組「戦国炒飯TV~なんとなく歴史が学べる映像~」(TOKYO MX、BS11ほか)に登場するうつけ坂49にスポットを当てた5週連続インタビュー企画の第2弾。 前回はトップバッターとしてキャプテン・長谷川秀一役の山崎大輝に話を聞いたが、今回は堀秀政役の橋本祥平にインタビュー。 うつけ坂49で元センターを飾っていた堀に投影する思いや、とある兄弟の推せるエピソードなどを存分に語ってもらった。

堀秀政の中に生み出した「小さな炎」、役作りへのこだわり

――まずは番組への出演が決まった際の心境について教えてください。 「戦国炒飯TV」の前身である「戦国鍋TV~なんとなく歴史が学べる映像~」がすごく人気がある番組だっていうのを知っていたので、まずは最初「あの番組の新しいのが始まるんだ」っていう驚きと、それに呼んでいただけたっていう喜びが大きかったですね。 「戦国鍋TV」は番組自体にいろんな要素が詰まっていて、どんな人が見ても楽しめる内容っていうのと、なにしろ当時出演なさっていた方たちがすごい役者さんたちばかりだったなっていう印象が強くて。 今回番組への出演が決まって、改めて「どういう方が出てたんだっけな」と思って調べてみたら「え! この方も、この方も!?」っていう状態だったので、自分が出演できることを光栄に思いました。 ――初回放送からうつけ坂49の楽曲「黒い小姓」は多くの視聴者の心を捕らえたと思います。橋本さんはこの楽曲を初めて聴いたとき、どう感じましたか。 最初歌詞を見ずに楽曲を聴いて、純粋に「めちゃくちゃ格好良いじゃん」と思いましたね。それから歌詞を見てみたら、小姓の想いだったり腹黒さだったりが詰まっていて(笑)。そこも含めて格好良い曲ですよね。 ――橋本さんから見た堀秀政という役の魅力について教えてください。 堀 秀政は森 蘭丸(演:木津つばさ)が来る前にセンターだったんですけど、蘭丸が来てセンターを奪われちゃったんですね。堀くんは分かりやすくガツガツしているわけじゃないんだけど、心の底ではどこかで「センターを奪い返してやる!」っていう小さな炎がメラメラと燃えているキャラクターなのかなと思っています。そこが彼の好きなところですね。 収録現場では僕よりも年齢が若い子達が多くて、すごく彼らの勢いを感じられたんです。どう差を出そうかなって考えたときに、ちょっとクールというか、みんなよりも熱を下げて小さく燃えていようと役を作ったので、そういう部分が彼の魅力かなと思っています。 ――橋本さんと堀秀政、通じるところまたは違うと感じるところはどんなところですか。 通じるところで言うと、堀くんはセンターを奪われちゃったじゃないですか。僕も自分ではまだまだ若いと思っているんですけど、下の世代がどんどん育ってきていて「あれ? 僕がいたポジション奪われているな……」っていうことが現実でもあって(笑)。 それこそ、木津つばさも今すごい勢いがありますからね! だから森 蘭丸と堀 秀政に、木津つばさと橋本祥平を投影するようなところもあったりして、なんだか堀くんと似ているというか「一緒に頑張ろうね」って思っていました。 違うところは、そうだな……。堀くんは割とクールに演じていましたが、橋本祥平がもしあの中にいたら、もっと爆発していたかなって思いますね。「年下だろうが関係ない、爪痕残したるわ!」ってやっていた気がします(笑)。 ――この役に限らず、普段役作りで大切にしていることを教えてください。 お芝居箇所を聞いた上で、ある程度自分で芝居のプランを作って現場に持っていくんですけど、やっぱり現場でプランとは違った方向に進んでいくことも多々あるんですね。 なのでいくつか引き出しを持って行きつつ、その場で柔軟に対応できるようにっていうのは心掛けています。 あとは相手に気持ちよくお芝居してもらいたいなって思っているので、そうしてもらえるようにしっかりボールを投げて、僕もそれをしっかり受け取る。すごく基本的なことではあるんですが、気を付けてやるようにしていますね。

【関連記事】