Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6つ子が幼稚園児にもどった⁉『おそ松さん』コラボカフェに行ってみた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アニメージュプラス

“クズでニートな大人に成長した6つ子” が幼稚園児になって池袋にやって来た! 2020年8月17日までの予定で、東京・池袋のアニメイトカフェ池袋4号店で、TVアニメ『おそ松さん』のコラボカフェが開催中。オープン前に行われた内覧会に参加してきたので、実際に食べたメニューの味や限定グッズ、店内の様子をご紹介する。 【関連画像】コラボメニューやグッズを見る(写真22点) TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫氏の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、赤塚不二夫生誕80周年を記念して2015年に制作・放送されたアニメ作品。“クズでニートな大人に成長した6つ子” を主人公として1話完結で描かれ、予測不能なギャグコメディとして、たちまち話題となった。2016年には舞台化、翌2017年にはアニメの第2期が放映、2019年には『えいがのおそ松さん』が公開され、今秋には第3期アニメの放送も決定するなど、初放送から4年以上経った今なお、人気の衰えない愛される作品になっている。 そんな、ダメだけど愛すべき6つ子達が、今回のコラボカフェでは “幼稚園児” に変身。幼児化するわけではなく、大人のニートのまま、幼児らしい姿に身を包むというのがミソ。コラボカフェ限定の描き下ろしイラストが店内を彩り、6つ子それぞれをイメージしたドリンクなどが楽しめる。限定イラストを使用したアクリルスタンドや缶バッジは、ここでしか手に入らないオリジナルグッズなので、会期中に是非手に入れておきたい。 (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

気になるコラボメニューの味は?

気になるカフェのメニューだが、テイクアウト専門の同店では、持ち運びしやすい商品展開になっている。デザートメニューは、「松野家のおなまえバッジパフェ」1点。ドリンクメニューは、6つ子それぞれのカラーや性格を表したカラフルな7点。おそ松の「今度こそ一儲け!おそ松の競馬いちごレモネード」や、一松の「一松のための特注品⁉猫フードイメージのブドウドリンク」、十四松の「おとなのぬりえでハッスルハッスル!げんきいっぱいえなじーじゅーちゅ」など魅力的なものばかりだが、悩んだ末に、今回は、カラ松をイメージした「「ナイスサマー!!!」「グッドサマー!!!」サマー仮面の青空ドリンク~薔薇を添えて~」と「松野家のおなまえバッジパフェ」を試食してきた。 「松野家のおなまえバッジパフェ」は、松をかたどった抹茶アイスに粒あん、白玉が乗った和風パフェ。コーンフレークをザクザク崩しながら食べ進めていくと、下の方から抹茶プリンが出てくるのも嬉しいところ。上に乗るもなかの名前はランダムなので、推しの名前になるかは運頼みになっている。 「「ナイスサマー!!!」「グッドサマー!!!」サマー仮面の青空ドリンク~薔薇を添えて~」はカラ松のイメージカラーに合わせて真っ青なドリンク。サイダーを基調に2種のゼリーが入った飲み応えのある一品で、爽やかだけれどちょっとクセになる味のヨーグルトゼリーをサイダーの刺激がさっぱりさせてくれて、どんどん飲み進めてしまう。飾られているバラは食用のものなので、食べることもできる。実際に食べてみたが、味は “バラ” という感じなので、最後に食べるよりは途中で試してみるのをお勧めしたい。 コラボメニューはいずれも1点注文ごとにランダムで1枚、コースター(全6種)がプレゼントされる。また、今回は飲食・グッズ合わせて会計が税込2000円を超えるごとに、ペアコースターも1枚プレゼント(全15種、無くなり次第終了)。店内で販売されている限定グッズは、アクリルスタンドや缶バッジなど思わず全種揃えたくなる品ぞろえなので、商品を待っている間に、是非色々とチェックしてみてはいかがだろうか? (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

アニメージュプラス 編集部

【関連記事】