Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自称“0.2発屋芸人”ですよ。の最近は謝罪代行が大人気! 全力の「あ~いとぅいまて~ん」にTwitterで依頼殺到

配信

ねとらぼ

 「あ~いとぅいまて~ん」のギャグで知られるお笑い芸人の「ですよ。」さんが自身のネタを生かし、2019年から謝罪代行サービスを展開。Twitterを中心に依頼が殺到してます。お笑い芸人はなぜ「プロ謝罪師」となったのか。ご本人をインタビューしました。 【画像:全力の「あ~いとぅいまて~ん」】

とっさに生まれた「あ~いとぅいまて~ん」

 「YO!YO!ですYO! YO!YO!ですYO!」と登場し、「ですよ。の最近は、あやまることばっか~」と自身の失敗談を語るネタでブレイクを果たしたですよ。さん。日本テレビ系「エンタの神様」への出演をきっかけに「あ~いとぅいまて~ん」のギャグは全国区に広まりました。  そんなですよ。さんが、お笑い芸人を目指したきっかけは意外にも“挫折”。一緒に芸人を目指していた同級生から高校卒業直前に、「男は家族のために、嫌な仕事でも60年働かなくちゃいけないんだよ」と現実を突きつけるような言葉を投げかけられ、衝撃を受けたと言います。  「嫌なことをやる60年よりも好きなことを続ける30年を選びたかった」ですよ。さんはこの出来事をきっかけに一念発起。高校卒業後は、お笑いと同じくらい大好きだったサッカーを極めるべく、サッカー留学の道を選びました。当初はブラジルへのサッカー留学を目指したものの、「留学費が600万円ほどかかる」と知って断念し、当時サッカー途上国として注目されていたボリビアのチームに自力で所属。海外でサッカーを続けたもののうまくいかず、4年で帰国の途に就きました。  当時の心境についてですよ。さんは「周りから『こいつサッカーダメだったやつだよな』と思われるのが嫌で。何とか周りを見返したくてお笑いをもう一度志しました」と振り返ります。  「吉本総合芸能学院(通称NSC)」卒業後は、ルミネtheよしもと(新宿)で1分ネタを披露する機会に恵まれ、「NSCではかなりウケていた」という1人コントネタを自信満々で披露したものの、会場がシーンと静まり返るという、まさかの大スベリが発生。「とっさに『謝っちゃえ!』と出てきたのが、『あ~いとぅいまて~ん』」でした。  その後はリズムネタのオーディションのために「YO!YO!ですYO! YO!YO!ですYO!」というフレーズのネタも完成しましたが、当時は「ですよ。の最近は、テンションさがりっぱ~」とテンションが下がるようなあるあるをリズムネタとして披露しており、「YO!YO!ですYO!」と「あ~いとぅいまて~ん」を組み合わせたのは「エンタの神様」が初だったと言います。

【関連記事】