Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菜々緒、『美少女戦士セーラームーン』新作映画で“悪の女王”に「妖艶でミステリアスな感じを意識して」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 来年1月公開のアニメ映画「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」で、モデルの菜々緒(31)が声優を務めることが発表された。 【映像】『劇場版 美少女戦士セーラームーン』予告  本作は、人気アニメ『美少女戦士セーラームーン』の25年ぶりとなる新作映画で、前編と後編の2部作として公開される。  幼い頃からセーラームーンの“ごっこ遊び”をしていたという菜々緒。憧れていた作品への出演決定に、「とにかく嬉しかったです。小さい頃からセーラームーンを見て育ったくらいの人なので、自分がセーラームーンの世界の中に入っていけるって考えたら本当にわくわくして、でもそれと同時に『私で大丈夫かな?』っていう不安もあったりして、すごく葛藤したんですけれど、何とか撮り終えて今一安心しています」と、興奮した様子を語った。  菜々緒が演じるのは、地球と月の征服を目論む美しく妖艶な女王・ネヘレニア。悪役の声優を担当することに、「悪女役」を演じることが多い菜々緒でも苦労した点があったといい、「ちょっと悪役っぽい感じを強調してアフレコさせていただいたら、そこまで悪役を意識しなくていいというふうに言われたので、割と最初の方は妖艶でミステリアスな感じを意識してネヘレニアを演じていって、後半になって戦うシーンだったりとかで、悪役なテイストをどんどん増やしていく、というような感じで、嫌味な感じというか、ねっとりと言葉で挑発するみたいなところは、結構意識しましたね」と明かした。 (ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

【関連記事】