Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃&ウィリアム王子、テレビ電話でイギリスの教師たちを称賛!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ウィリアム王子とキャサリン妃が、ソーシャルディスタンシングを実践しながら仕事を続けている。 ケンブリッジ公爵夫妻は4月8日(現地時間)、イングランドのバーンリーにあるカスタートン・プライマリー・アカデミーの教師とスタッフに手を差し延べた。 同校は、イギリスで不可欠な仕事に従事している人たちの子供の居場所を確保するため、開校し続けている学校のうちのひとつだ。夫妻はテレビ電話で教師たちに感謝するとともに、工作や絵画など、この未曾有の状況下で取り組んでいるアクティビティについて生徒たちと話をした。 【写真】初々しい!英国ロイヤルファミリーたちのキュートな「初登校」アルバム サニーイエローのブラウスを着たキャサリン妃は、この時期も安全に学校で過ごしている子供たちについて「みんなはそこでいつもと変わらない生活を送っていますね。体制が整っていて、安全な場所が確保されています」と、語っていた。 彼女はまた、教師たちの仕事を称賛。「みなさん、本当に本当にご苦労様です。今は楽な状況ではないですが、すばらしいことです」と、語っていた。彼女がパトロンを務めている組織のひとつ、「Place2Be」が、同校で行われている教育プログラムを支援している。

ウィリアム王子とキャサリン妃の子供たち、ジョージ王子とシャーロット王女が通うロンドンのトーマスズ・バタシーは、この危機的状況で人々が自宅待機していることに従い、3月20日からリモート学習に切り替えた。しかし、在宅学習期間中に6歳と4歳の兄妹に末っ子のルイ王子が加わって、パンデミック最前線で働く医療従事者に拍手を送る様子が「Kensington Royal」の公式インスタグラムでシェアされた。 ケンブリッジ公爵一家は現在、女王が持つサンドリンガム領地にある私邸、アンマー・ホールに滞在している。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

【関連記事】