Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アートホテル大阪ベイタワーでハロウィーンスイーツビュッフェ 赤と黒テーマに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなの経済新聞ネットワーク

 ハロウィーンスイーツビュッフェ「GOTHIC SWEETS COLLECTION」が9月1日、アートホテル大阪ベイタワー(大阪市港区弁天1)51階「スカイビュッフェ51」で始まった。(大阪ベイ経済新聞) 【写真】シェフパティシエおすすめの「クリムゾンリングケーキ」  「肌で感じる大人ハロウィーン」をテーマに、赤と黒のゴシック調の雰囲気で大人の女性をターゲットに据える。「赤」スイーツには、イチゴやラズベリー、クランベリーなどの果実やルビーチョコを中心に採用。「黒」スイーツには、竹炭やブラックココア、ブラックチョコレートなどを用いる。免疫力を高める効能のある果実や整腸作用がある食材などを扱い、「スイーツを食べても罪悪感の無い時間を提供する」(シェフパティシエの後藤誉雄さん)という。  会場には、赤と黒を基調にした装飾品や造花を大胆に配置。仮面を装着した女性や黒色の天使などのオブジェは、今回のビュッフェのために特注したもの。「コロナ禍で少し気分が落ち込んでいる方が多い中、少しでも非日常空間を楽しんでもらえたら」と徳永慶料飲支配人の計らいから手配を行ったという。  ビュッフェ台に並ぶ17種類のスイーツは、「愛と憎しみのマカロン」や「闇へ誘うモンブラン」など物語性が感じられるメニュー名が並ぶ。徳永支配人は「赤は情熱、黒は嫉妬と、愛憎が渦巻く今回のテーマになぞって、メニュー名でも世界観を表現した」と話す。スイーツメニュー以外に、フードメニューも60種類以上と豊富に提供。ランチとディナーで異なるメニューや、月替わりのメニューを提供するほか、目の前で焼き上げるライブキッチンなども設け、何度来ても楽しめる仕掛けを用意する。  期間中は、「RED LADIES CAMPAIGN」を同時開催。赤いものを身に着けて来店した女性は、通常料金より20%引きで利用できる。  開催時間はランチビュッフェ=11時30分~15時。ディナービュッフェ=17時~21時30分。いずれも90分制。料金は、ランチビュッフェ=大人3,267円~、子ども=1,815円~、ディナービュッフェ=大人=5,203円~、子ども=2,541円~。10月31日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】