Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

STAY HOME、こんな時だから家で聴きたい5曲

配信

OKMusic

“緊急事態宣言”が徐々に解除されながら、不要不急の外出は引き続き自粛。会社はリモートワークが推奨され、学校の本格的な始業もまだまだ。平穏な日常が戻るには、もう少し時間がかかりそうな昨今。CDのリリースが延期され、フェスは軒並み中止を発表。ライヴハウスの営業再開もまだ先になりそうで、僕も含めた音楽関係者や音楽ファンは不安や苛立ちを溜め込んでると思いますが。こんな時に気持ちをアゲてくれたり、穏やかにしてくれたり、楽しくさせてくれるのも音楽。今回はこんな時だからこそ、家で聴きたい最新5曲をセレクトしました。

「夜明け待つ」('20)/TOTALFAT

営業自粛要請で営業再開の目処も立たないライヴハウス。ステージに立つことのできないミュージシャン。そして、ライヴに行くことのできない音楽ファン。窮地に立たされたライヴハウスシーンや耐え忍ぶ仲間たちへの想いを込めた、TOTALFATの新曲。性急なビートと熱いサウンドに、《さあ 始まりはすぐそこさ》と前向きな言葉たちを乗せたこの曲。そう、スネたってイジケたって、何も変わらない。今僕らにできることは、心の居場所を守り抜くことだけ。夜明けの日は近いと信じて待ち続ける僕らに、《何を奪われたとしてもこの灯火は消させない》の歌詞が本当に心強い。この曲を生で聴ける日が一刻も早く来ますように。待ち合わせはライヴハウスで!

「あなたへ」('20)/BLUE ENCOUNT

触れなくてもずっと温かい、離れててもずっとここにある、あなたという存在。大切な人に会いたくても会えない現状にもぴったりな、BLUE ENCOUNTの新曲。初めて聴いた時、《こんな日々がずっと続くって どっかで思ってた》と学校生活を描写した歌詞に、忘れかけてた懐かしい感覚が妙にリアルに蘇る感覚があったのだが、曲ができた経緯を聞いて納得。TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」のリスナーから寄せられたメッセージをもとに、“絆”をテーマに作られた曲なのだそう。アコギの温かいサウンドに乗せて、近くから語りかけるような歌で始まるミディアムなバラードソングは、どんな時も味方でいてくれた“あなた”という存在に、それぞれが誰かの顔を頭に浮かべながら聴ける胸アツ楽曲。

最終更新:
OKMusic