Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初日134位とまさかの出遅れだが……。飛距離やパーオン率、パット数はどうだった!? 松山英樹「98日ぶりのプレー」をデータで分析

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

再開したPGAツアー第2戦目「RBCヘリテージ」の初日が終わった。約3か月ぶりの復帰戦となる松山英樹は、首位と10打差の3オーバー134位とまさかの出遅れ。在米ゴルフアナリスト・アンディ和田が松山の初日のトラックマンデータとスタッツから、プレーを分析した。

アイアンの距離感が合わなかった

通常はマスターズの翌週に開催される「RBC ヘリテージ」の初日が終わりました。98日振りにツアー競技のラウンドとなった松山英樹は3つのバーディに対し4ボギー、1ダブルボギーと奮わず、初日は3オーバー「74」という結果でした。 ラウンドデータを紹介しますと下記のようになりました。 ・フェアウェイキープ>14ホール中9回(64%) ・パーオン>18ホール中11回(61%) ・パット数 32パット>(3パット2回) ・サンドセーブ>1回トライ、セーブできず 基本的なラウンドデータでは、通常よりもパーオンが少なめで、パット数が多いというのは感じますが、それ以上の詳細が見えてきませんよね。これをラウンドレポーター的に解説分析すると、いつもの「松山らしさ」となるショットの切れ味が足りなかったのがわかります。 ではティショットの戦略からみてみます。 ・ティショットのクラブ選択>ドライバー6回、フェアウェイウッド6回、アイアン2回(14ホール中) PGAツアー開催コースの中では距離よりも的確なポジションを要求してくるハーバータウンGLは、ドライバーをブンブンと振り回せるホールは少ないです。2014年以来、6年振りの参戦となる松山はドライバーを使ったのは6回のみ。今週は初日がそうでしたが、南からの風が予報されています。強風にはならない予報なのでドライバー使用の数はあまり変わらないと予想します。3番ウッドでフェアウェイをとらえるだけでなく、右サイド、左サイドとピンポジに対しアングル良くポジショニングできるかが大事になってくるでしょう。 次にティショットの調子を見てみると、 ・フェアウェイ外し:右ミス4回、左ミス1回 ・パー5ホールでの2オン成功:1ホールのみ(5番) 大会初日一番やさしかった2番ホール(パー5)での右の林へミスをし、2オンを狙うことができませんでした。昨シーズンから左へのミスが減ってきていますが、ダブルボギーとなった16番はティショットが左へのミスでした。 続いてグリーンを狙ったショットの結果とパットのスタッツです。 ・バーディチャンスの距離:5メートル以内3回、3メートル以内0回 ・沈めたパット長さ上から3つ:4.5メートル(15番)、4.2メートル(13番)、90センチ(9番) ・外したパット長さ下から3:50センチ(16番)、1.7メートル(8番)、2.1メートル(1番) オーバーパーのラウンドはどうしても光る良いデータは少ないです。松山にとって3月以降から時間が空き久々のツアー競技ラウンドでしたから明日以降どのように修正してくるかですが、上記の数値は松山らしくなく、アイアンでチャンスにつけることが少なかったのがわかります。

【関連記事】