Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

渋谷・宮下公園跡地に「ミヤシタパーク」開業 ── 10年に及ぶ“ホームレス排除”の歴史を振り返る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

7月28日、渋谷・宮下公園に新たな商業施設「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」が、新型コロナウイルスの影響による延期を経て、ようやくオープンする。 【全画像をみる】渋谷・宮下公園跡地に「ミヤシタパーク」開業 ―― 10年に及ぶ“ホームレス排除”の歴史を振り返る 同公園は、「ホームレス(野宿者)排除」をめぐる歴史の地でもあり、街の多様性について物議を醸してきたことでも知られる。過去の経緯やそこで積み残された課題は、その後どうなったのか。

コロナで1カ月延期となったオープン

ルイ・ヴィトンの巨大な看板が掲げられた「宮下公園」。足を踏み入れようとすると、手のアルコール除菌を求められた。警備員によるチェックを受けて検温をし、エスカレーターを上りながらふと後ろを振り返ると、渋谷のスクランブルスクエアが、鈍く光って見えた。 7月28日にオープンしたミヤシタパークは、JR渋谷駅から原宿駅に向かう山手線沿いに位置する、旧・宮下公園の跡地にある。公園・駐車場・商業施設・ホテルが一体となった複合商業施設だ。 開業はもともと東京オリンピック・パラリンピックの開会式直前となる6月18日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、1カ月以上延期された。 商業施設エリアには、グッチやルイ・ヴィトンをはじめとする高級ファッションブランドやカルチャー系のショップ、飲食店を含めた約90店舗が軒を連ねる。 その上に広がるのが、生まれ変わった宮下公園だ。4階建ての立体都市公園として、1万800平方メートルに及ぶエリア内には、スケート場やボルダリングウォールに加え、サンドコートで覆われた多目的運動施設も新設。敷地内ではイベントも行えるようにするという。

「再開発という名の破壊行為」

渋谷の大規模再開発の一環として、渋谷区の公募により、三井不動産を整備事業者に選定。大々的に進められてきた「ミヤシタパーク」プロジェクトだが、7月21日の内覧会に参加してみると、ある“違和感”に気づいた。 エリア一帯が柵でぐるりと囲まれており、その周辺には多くの警備員が配置されていたのだ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、飲食店の営業がなかったのは納得できるにしても、目玉となるはずの4階に位置する公園部分さえ、非公開となっていた。 “新生・宮下公園”をアピールする絶好のチャンスであるはずの内覧会が、なぜこんなに物々しい雰囲気なのか? じつはこの開業の背景には、渋谷区による宮下公園の「野宿者排除」を巡る紆余曲折の歴史があり、SNS上では今もさまざまな批判の声があがっている。 「映画館行ってきたのだけど、宮下公園ってホームレス追い出したかと思ったら、今こんなになってるんだぁ。ヴィトンにグッチですかぁ、、」 「宮下公園がちゃんと宮下公園だった頃に、神よ、すべてを戻したまえ」(哲学者・千葉雅也さん) 「宮下公園がクソみたいに。。 デベロッパーと渋谷区による再開発という名の破壊行為」

【関連記事】