Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

お値段は5000万円 超高級レコードプレーヤーを堪能

配信

NIKKEI STYLE

高級レコードプレーヤーは多々あるが、その中でも最上位の価格とクオリティーとして話題を呼んだのが「Air Force Zero」だ。オーディオ輸入商社のステラが自社ブランド「TechDAS」の一員として発表した「Air Force Zero」は、価格にして5000万円(税抜き)、重さ約350キロ(価格、重さともにタングステンモデル、以下同)と規格外のスケール。そして何よりもすごいのがその音の圧倒的な奥行きと臨場感だ。今回は、平成生まれのライターと昭和世代のオーディオビジュアル評論家がステラを取材。この「Air Force Zero」のすごさを、スピーカーなどあわせて合計1億5000万円超えという貴重な環境で体感した。

■自社ブランドで、高品質なオーディオを

小沼理(28歳のライター)小原さんが注目AV製品として2019年末に挙げたオーディオシステムを聴くため、ステラにやってきました(記事「2019AV家電 驚きの8K有機EL、オーディオは2極化」参照)。 小原由夫(55歳のオーディオ・ビジュアル評論家) ステラは僕が日ごろからお世話になっている、海外のハイエンドオーディオを扱う輸入商社です。今回試聴するのは自社ブランド「TechDAS」のレコードプレーヤー「Air Force Zero」ですね。 小沼 「Air Force」シリーズは小原さんの自宅にもありましたよね。 小原 「Air Force One」ですね。もちろんこちらも素晴らしいのですが、「Air Force Zero」はそれをさらに上回る完成度です。小沼さん、これを聴ける機会はなかなかないので、しっかり聴かないと全オーディオファンに怒られますよ。 小沼 プレーヤーだけで5000万円、オーディオシステム全体で「億超え」ですからね……。心して聴きたいと思います! 小原 今回お話をうかがうのは、ステラの橋隅和彦取締役社長です。 橋隅社長 どうぞよろしくお願いします。 小沼 まず、ステラとTechDASの概要を教えていただけますか。 橋隅 先ほど小原さんから説明があった通り、海外のハイエンドオーディオの輸入と自社ブランドのTechDASが主な事業です。自社ブランドの製作をはじめたのは9年ほど前。当社を創立した西川英章会長がもともとハイエンドのアナログプレーヤーを作る会社にいたためノウハウがあったこと、自分たちで作ることで海外製品よりも安価で高品質なものを作れるのではないかと思ったことがきっかけです。 小原 西川会長と付き合いがある僕からすれば、自社製品の開発に乗り出したのは納得でした。当時在籍していた会社や、その時代にはできなかった技術を使って、より良いオーディオを作ろうと考えたのでしょう。そうして最初にTechDASが発表したアナログプレーヤーが「Air Force One」です。 小沼 たしか「Air Force One」の価格は720万円。この時点で、僕からすると雲の上の話に感じますが……。 小原 僕にとっても簡単に手の届く価格ではありませんでしたが、試聴した音が頭から離れなかったんですよ。何度も何度も繰り返し聴いていたレコードからそれまで気づかなかった音が聞こえてきて、とにかくそれが衝撃だった。3回試聴させてもらって、それでようやく購入を決意したんです。 橋隅 その「Air Force One」を超える、TechDASの技術の集大成が「Air Force Zero」です。まずは聴いていただきましょう。

【関連記事】