Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

塁とプレーした経験は誇り。3連覇でチームに恩返しをしたい【アルバルク東京コラム vol.5 津山尚大】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

こんにちは。昔のドラマを見ることにハマっている津山尚大です(『ドクターX』、最高です!)。 昨年12月にアルバルク東京に加入し、今季も引き続きプレーさせていただくことになりました。今季こそはたくさんのプレーを見ていただけるようにがんばりますので、ファンのみなさん、どうぞよろしくお願いします!(ぜひ「ショウタ」と呼んでください^^)

カナダリーグ挑戦を経て、アルバルク東京へ入団

自己紹介代わりに、まずはなぜ12月という中途半端な時期にアルバルクに加入したのか、簡単に説明させてください。 2019-20シーズンを海外挑戦の年と位置付けていた僕は、前所属のライジングゼファーフクオカを退団し、カナダプロリーグのハリファックス・ハリケーンズと契約を結びました。「ハリファックス」という地名に聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。安藤誓哉さんが以前所属していたチーム(ハリファックス・レインメン)の後身チームです。以前から目標としていたチャレンジの第一歩。わくわくしながら毎日を過ごしていたのですが、12月の初めに解雇通知を受け取ることになります。 残念でしたが、振り返っている時間はありません。すぐに次の所属先を探さなければというときに、頭に浮かんだのがアルバルクでした。 他にもいくつかの選択肢があったなか、恩師の片峯聡太先生(福岡大学附属大濠高校バスケ部監督)などいろいろな方に相談した結果、アルバルクにお世話になることを決めました。

シーズン終盤からの加入で感じた不安

いつかヨーロッパでプレーしたいと考えている僕にとって、ユーロリーグでの長いキャリアを持つルカ・パヴィチェヴィッチ・ヘッドコーチにバスケを学ぶチャンスは、すごく大きな価値があると確信していました。ただ、アルバルクはここ数年、コーチ陣と選手がほぼ変わっていないチームですから、そこにシーズン終盤から加入することに不安があったのも事実です。実際にさまざまな課題にぶちあたりましたが(特に、ディフェンスシステムを理解するのは大変でした)、チームメートやコーチ陣に助けられ、バスケットに集中できたと振り返っています。 チーム内で仲良くしていただいているのは、誓哉さんと須田侑太郎さんです。ポイントガードの先輩でもある誓哉さんは、練習でも練習以外のところでも本当にお世話になっています。いろんな選手からプレーの要求を受けて、どう応えればいいかわからなくなったときに、温泉で誓哉さんに相談したことがあるんですが、「いやいや、悩む必要なんてないっしょ」と一刀両断(笑)。「常に3連覇を目指してやればいいんだから、そこだけにフォーカスしろ」と言われて、なんだか吹っ切れました。