Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

超大物俳優がヤクザに「お世話になりました」と言われた意外すぎる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

歌手・俳優の杉良太郎はデビューから半世紀以上、芸能界を走り続けてきた。 反社会的勢力への「闇営業」や、移籍・独立したタレントに対する「圧力」など、業界が抱える問題をどのように見つめているのか。 芸能界の重鎮が、一切の忖度なしに舌鋒鋭く語った。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

昔の芸能界は「ヤクザな世界」

――吉本興業の芸人による「闇営業」問題が話題になりました。 私がデビューした当時の芸能界っていうのは、もうまるでヤクザな世界ですよ。 芸能人もお相撲さんもスポーツ選手も何もかも。お客さんを呼ぶ興業は、すべてにヤクザが絡んでいましたから。 興行師っていうのがいて、それがヤクザの財源にもなっていたし。地方に行くと、事故やケンカ、ケガのないように、そこの親分と話をつける。それでみんな、スムーズに仕事がやれていたわけです。 お客が入らない時に「親分さんお願いします」と頼んだら、「はいよ」って動員してくれたりね。そういう時代。 昔の芸能界はそうでしたが、いまはコンプライアンスの時代。今度の吉本は、こじれなくていいものをこじらせた。ちょっとまずい処理の仕方だったかなと思っています。

半グレにも法規制を

――もっと早く手を打っていたら…。 そこまで大きな問題にならなかったでしょうね。 対策も考えなきゃいけない。暴対法は指定暴力団を対象にしているけど、半グレ、昔でいう愚連隊も含めた反社会的勢力みんな、そこのなかに入れるべきだと思ってる。 オレオレ詐欺もそうですけど、いつまでも野放しにはしておけない。そのあたりの法改正も必要かなと。

事務所の責任

――反社に対して親近感を抱く芸能人も少なくないのでは。 そう。芸能人のなかには、いまだにそういうのが好きな人もいる。 年に何回か弁護士や有識者を集めて勉強会をやったとしても、なかなか止められないよね。それはそれで、処理していくしかない。 ――事務所がしっかり処分すると。 事務所の社長や会長の人たちは、所属タレントや社員に対してやっぱり責任を持たなきゃいけないね。 責任者は孤独なんですよ。でも、そこがしっかりしてないと、芸人さんも社員さんも流されちゃうから。 どう生きて、どう接していくかっていう責任の重さ。でなかったら、そんなに高い給料もらえないでしょ。

【関連記事】