Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ザキヤマ、初めての渋谷でカツアゲ対策「財布にダミーの1万円」

配信

SmartFLASH

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也が、4月7日放送の『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)で、初めて渋谷に行ったときの思い出を語った。  埼玉県春日部市出身の山崎。高校生の頃、欲しかった革ジャンを購入しようと、渋谷へ向かった。当時、恐喝などをおこなう不良集団「チーマー」が街中にいたこともあり、「渋谷はめちゃくちゃ怖かった」と振り返る。カツアゲされてもいいように、対策を練った。 「(お金を)持っていないと、逃がしてくれないだろうと思って、財布にまずダミーの1万円を入れて、靴下には5万円ずつ入れて行きました。革ジャン買ったらダッシュで帰りましたよ」  大都会で無事に買い物でき、帰宅後は「お父さん、お母さんが下に見えましたね」と、優越感に浸ったことを明かしていた。  暗い高校時代を抱える山崎。  2014年7月31日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)では、高校時代に所属した野球部での悲しい過去を振り返っている。 「監督に自分の存在を認識されていなかったんですよ。ポジションの相談に行ったら、自分のことを知らなかったようで……。それもけっこう後半のことだったんですよ!」  忘れがたき過去があるからこそ、芸人としてブレイクしたのかも。

【関連記事】