Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

急成長の中国ネトゲが日本で猛攻勢 コロナ禍で「プレイ時間も課金も増えた」

配信

ハフポスト日本版

「プレイ時間は伸びた。課金額も増えた。ついでに太った」 ある中国人オタクは嘆く。新型コロナで「ステイホーム」が広がり、家にいることが当たり前になった。パソコンやスマホを見れば、大人気ゲーム「王者栄躍」がちらつく... 中国では、外出制限で外に出られない若者たちを救った(?)ネットゲーム業界が好調だ。その再現を狙おうと、日本で今、中国発のネットゲーム企業がユーザーの獲得攻勢を強めている。

暇を持て余した中国人たちの遊び

「プレイ時間は増えたね。ずっとバグが出たまま治らないのもあったけど」 「(やりすぎて)眼に影響が出ているかも。あとは精神面」 「家にいるときは、ゲームをやるかニュースを見るか。視力と頚椎が大変です」 これは、筆者が友人に頼んで中国人ネットゲーマーの声を集めたところ、寄せられた体験談たちだ。 ほぼ全員がプレイ時間は「増えた」と答えた。体重も同様に増加したというが、危機感を抱きつつもやはり画面に向かってしまうのがゲーマーの悲しい性だ。 彼らのように、暇を持て余した結果、いつも以上にゲームに没入してしまうプレイヤーは増えている。 中国・伽馬データ(CNG)の調査結果によると、モバイルゲーム市場は1年前の同時期と比べて49%の成長を記録。収入総額は550億元(約8300億円)と史上最大の規模に膨れ上がったという。 ユーザー数も去年より10%以上増加していて、これまでゲームをやらない人も、暇つぶしに始めるケースが多かったことがうかがえる。 あるプレイヤーは「ライト層のプレイ時間が増えたんだろうな。老肝帝(ネトゲ廃人)はもう変わりようがないからね」と推測する。 飲食や映画産業など、中国全土で経営にダメージを受けた企業が多いなか、ネットゲームは「追い風」が吹いた珍しい業界といえる。伽馬データによると、中国の株式市場に上場しているゲーム会社10社の株価は、全体の株価が大きく下落するなかで上昇カーブを描いてみせたという。 伽馬データはこのため、「オフラインでのコミュニケーションがなくなるなか、ゲームは重要な代替品の役割を果たした。経済的、社会的な貢献は無視するべきではない」と結論づけている。

【関連記事】