Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

E-girls、『LIVE×ONLINE』でファンに想いを届ける「最後にファンの方と直接お会いして、感謝の気持ちを伝えたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ぴあ

E-girlsが、LDHが主催する有料配信ライブ『LIVE×ONLINE』(ABEMA)第4夜目となる7月5日に、新旧織り交ぜた楽曲と配信ライブならではの斬新な演出でパフォーマンスを披露した。 ライブの直前に行われたオンライン記者会見で、「新型コロナウイルスが流行り始め、『E-girls PERFECT LIVE 2011→2020』が途中で中止になってしまい、自粛期間中は、自分たちではどうすることもできないというもどかしさや葛藤がありました。ファンの皆さんと会いたい気持ち、感謝の気持ちがどんどん強くなり、この思いを直接伝えたいと思いながら過ごしていました」と吐露したリーダーの佐藤晴美。そんな思いの中で立った今回のステージでは、一曲目にE-girlsのダンスナンバー『DANCE WITH ME NOW!』を披露した。久々のライブにも関わらず、彼女たちは現在の11人体制になってから初めてリリースした『Love ☆ Queen』、サマーソング『E.G. summer RIDER』、新曲の『So many stars』などを、キレのあるダンスと伸びやかな歌声でパフォーマンス。後半に披露した『Making Life』では、事前に募集したファン24名とZoomで回線を繋ぎ、一緒にタオルを回す演出に挑戦した。 『LIVE×ONLINE』の醍醐味であるオンラインコミュニケーションのコーナーでは、ライブ終了後のメンバーが選ばれたファン2名とZoomでやりとり。コメント欄にはファンからの質問が殺到した。そして、アンコールコールが溢れると、武部柚那の「やっちゃいますか!」という言葉を合図に『Tomorrow will be a good day』を披露。その後も『北風と太陽』や『Smile For Me』を届け、約2時間の『LIVE×ONLINE』は幕を閉じた。 昨年12月に2020年いっぱいでの解散を発表しているE-girls。コロナ禍の今、これから彼女たちがどんな活動を展開するかは未定だが、「最後にファンの方と直接お会いして、感謝の気持ちを伝えたい」という気持ちは、メンバー全員が「ファンとの約束」として心に抱き続けているとのことだ。なお、このライブの模様は7月8日(水)22時まで見逃し配信が行われている。 <公演概要> ■『LIVE×ONLINE』サイバーエージェント×LDH特別企画 概要 配信日時:2020年7月2日(木)~8日(水) 開演時間:全公演/夜8時~

【関連記事】

最終更新:
ぴあ