Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元阪神ブラゼル氏が野球ファンへエール「皆でこの困難を乗り切ろう」

配信

Full-Count

日本プロ野球外国人選手OB会のツイッターでメッセージムービーが公開

 元西武、阪神、ロッテのクレイグ・ブラゼル氏が、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期となっている日本のプロ野球ファンに激励のメッセージを送った。日本プロ野球外国人選手OB会の公式ツイッターでメッセージ動画が公開された。 【動画】日本のファンを案じるブラゼル氏…外国人選手OB会が公開したメッセージムービー  2008年に西武でプレーし、2009年途中から阪神へと加入。2010年には47本塁打を放って大活躍を果たした。2013年からは2年間ロッテでプレーしたブラゼル氏。ムービー内ではまず「日本の皆さん、こんにちは。みんなが苦しい時間に直面している最中です」と語り出している。  そして藤浪晋太郎投手や伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手が感染したことに触れ「このウイルスは冗談では済まされません。日本で人気のある選手が何人かこのウイルスに感染してしまったことは私も知っています。しかし、言わせていただきたいことがあります。私たちは皆でこの状況を乗り越えるのです。日本はこの時を乗り越えていくのです。気付いたときには、ファンは野球を観戦するために戻ってくるのです」と力強く語っている。 「本来ならシーズンは既に始まっているはずですので、これは辛いことです。私はソファーに腰かけてポップコーンを食べながら野球を見ていたはずなのですから。もしくは(試合翌日に)昨夜の結果を読んだり、私が所属していたタイガースやマリーンズ、ライオンズの結果を確認していたことでしょう。このウイルスを退治するために、私たちは自分たちの役割を果たさなければなりません。なので、選手たちやファンのみなさんに心からお願いしたことがあります。互いに少しばかりの敬意を見せようではありませんか」と語りかけ、ファンも徹底した予防を行うことを呼びかけていた。

Full-Count編集部

【関連記事】