Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あると便利な「クラブケース」の選び方。どんな種類がある? 何本入る? まとめて解説

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

何本かのクラブだけ持って気軽に練習場へ行きたい。そんなときに便利なのが、キャディバッグよりも軽量なクラブケースだが、いざ選ぼうと思うと意外と悩ましい。クラブケースの種類から選ぶ際のポイントまで、まとめて解説。

練習場用に便利な「クラブケース」

ラウンドの際14本のゴルフクラブを収納・運搬するために用いられるキャディバッグは、そのぶん大きさや重量があり、決して取り回しが良いとは言えない。 コースでプレーする際はクルマのトランクに積み込んだり宅配便などで送るなどすれば不便を感じることも少ないかもしれないが、たとえば近所の練習場に行くときなどは話が別。そもそも14本すべてを打つわけでもないのに、わざわざサイズが大きく重量のあるバッグを担いでいかなければならない、となれば腰も重くなってしまうだろう。 ショートコースでのラウンド、練習場やゴルフレッスンへ行くときなど、クラブを数本だけ持っていきたいときに便利なのが、キャディバッグより小サイズで軽量なクラブケース(サンデーバッグとも)だ。 クラブケースがあれば、キャディバッグにすべてのクラブを入れて保管しておき、練習場へ行く際に練習したいクラブだけを選んでクラブケースに入れ替えれば必要最小限の手荷物で出かけることができる。キャディバッグに収納性は劣るが、サイドポケットがついているモデルもある。 また、ラウンド中にキャディバッグと小型のクラブケースを併用するという方法もある。電動カートでのプレーならばキャディバッグはカート後部に固定されているため、ショット地点まで複数本のクラブを持っていく場合は手持ちしなければならないが、クラブケースを持っていれば手軽に運搬できるだろう。

芯ありタイプ、芯なしタイプ、スタンドタイプの3つ

クラブケースの形状は、芯ありタイプと芯なしタイプ、スタンドタイプの大きく分けて3つ。

【芯なしタイプ】 芯なしタイプのケースはキャディバッグのように内側に円筒の芯が入っておらず、クラブを複数本入れられる大きな袋、といったイメージだ。多くの場合肩掛けするためのストラップや持ち手が付いている。ポリエステルやナイロン素材などを使用したモデルが多く、クラブ保護のためにクッション素材を内部に入れているモデルもある。 芯なしタイプの最大のメリットは、持ち運びやすいこと。芯がないぶんより軽量だし、袋状なのでクラブを収納していない状態なら折りたたんでコンパクトにしておけば保管のために場所も取らない。しかし、芯がないぶんクラブを収納した状態でないと形状を保ちづらく、クラブの出し入れの際にグリップなどが引っ掛かりやすいのもデメリットだ。

【関連記事】