Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アフリカのソウルフードは「納豆」だった!?日本人が知らないアフリカ納豆の話

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

「納豆を食べるのは日本人だけじゃなかった」「アジア各地でさまざまな食べ方をされている」「むしろ食べ方のバラエティが少ない日本は納豆後進国」――。 【写真】黒人少女たちがおとぎ話のプリンセスに。撮影者の願い 2016年、1冊の本によって納豆業界に激震が走った。 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』と題されたその本は、タイやミャンマー、ネパール、中国などアジア各地で愛されている「納豆」と思われる食べ物の実態について、徹底的な現地取材を重ねた壮大な冒険奇譚だ。 なぜか多くの人が日本特有の食べ物だと思い込んでいる納豆。大豆を発酵して作るプロセス、見た目、味、ネバネバ感までまったく同じものがアジア各地の民族の中で連綿と食されているという知られざる事実! 発売直後から大きな話題となり、なんとなく食べている納豆の歴史、そして可能性について多くの人が思いを馳せた。 この度発売された待望の続編『幻のアフリカ納豆を追え! そして現れた〈サピエンス納豆〉』では、アジアを飛び越え、遠くアフリカへ。 ナイジェリアでは「ダワダワ」、ブルキナでは「スンバラ」、そしてセネガルでは「ネテトウ」(納豆と似てる!)と呼ばれるパルキア納豆に、ハイビスカスやバオバブの納豆まで。 納豆は大豆だけじゃない、世界には独自の進化を遂げた「アフリカ納豆」が待っていた……! 納豆を通じて世界の食文化の謎を解明し続ける(これが言いすぎじゃないのだ)高野秀行さんに「納豆を巡る冒険」の面白さを聞いた。

「やはり私は納豆に操られているとしか思えない」

――今回の舞台は、アフリカと朝鮮半島。アジア編のラストでも「次はアフリカに」と話していました。 はい、自分の中ではまだまだ道半ばで消化不良だったので、当然続行するものだと考えていました。最初はご近所だし韓国かなと思っていたのですが、奇跡の出会いでナイジェリアに行くことに。 ――小学生の頃の友達、「健ちゃん」がちょうど味の素の駐在員としてナイジェリアにいたという……。 〈彼は私の幼なじみである〉〈といっても、実は私たちは小学校以来、一度も会ったことがない。十年ほど前、健ちゃんが私のFacebookを見つけて、何度かやりとりをしたことがあるだけだ〉 〈現地向けの食品開発リサーチを行う過程でダワダワの存在に注目していたとき、たまたま私の納豆の本を読んだ。すると、エピローグでダワダワにも触れていたので「俺と同じことに興味もってるじゃん!」と驚いた〉 〈なので、同国北部のカノという町へ武装警官の護衛付きでダワダワの調査へ行くことになったとき、半分冗談で「一緒に行かない?」と声をかけてきた。健ちゃんによれば、アジノモト現地法人のカノ支店の社員が住んでいる村で取材が出来るという〉 〈なんという「たまたま」の多さ。なんという「うってつけ」の状況。やはり私は納豆に操られているとしか思えない〉 40年ぶりの再会がナイジェリアってある!? ってなりました。そういう変なことが多かったんですよねぇ、納豆の取材は。

【関連記事】